大多喜城の遺産(その3)
大多喜城の遺産(その3)

画像ー243大多喜城と薬医門 025-2

大多喜城の歴史については、以下の文献に詳しい!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A4%9A%E5%96%9C%E5%9F%8E
大多喜城の歴史・沿革[編集]大永元年(1521年)に真里谷信清が「小田喜城」として築いたのがはじまりとされる。以前は小田喜城は同町内の根古谷城のことであり、今日の大多喜城は徳川家康によって大多喜の地を支配した 本多忠勝 が築城したものと考えられてきたが、近年の発掘によって現在の城の地下に大規模な城の遺構が遺されていることが明らかとされて、小田喜城と大多喜城とが完全に重なる訳ではない(戦国期には裏山である栗山が城の一部に使われていたが、江戸期には栗山は除かれてやや麓側に縄張りが移動されている)ものの、現在では信清の小田喜城を元にして後の大多喜城が築かれたものと考えられている。信清の後を継いだ真里谷朝信の代の天文13年(1544年)に、里見氏の武将正木時茂によって真里谷氏は城を奪われて、以後時茂・信茂・憲時の3代に渡って正木氏が支配して、上総国東部支配の拠点とされた。だが、天正9年(1581年)に里見義頼との内紛によって憲時が殺害されると、同城には里見氏の代官が派遣されたという。

天正18年(1590年)、里見氏が惣無事令違反を理由に上総国を没収されると、同国は徳川家康に与えられ、その配下の勇将・本多忠勝が城主となり、大多喜藩10万石が成立した。忠勝は里見氏の北上を防止するために突貫工事を行い、3層4階の天守を持つ近世城郭へと大改築を行い、ふもとに城下町の建設を行った。これが今日の大多喜城である[1]。

以後、この城は大多喜藩の拠点として幕末まで重要な役割を果たしてきたが、元和5年(1619年)9月、藩主阿部正次の転封により大多喜藩は一時的に廃藩となったため、城は荒廃した。寛文11年(1671年)12月、阿部正春が1万6000石で入城した際、幕府から「大多喜城は城跡になってしまっているので、追々再建するように」という命令が下ったものの、「一重の塀もないありさまで、門や櫓などもない」という当時の記録の通り、大多喜藩規模縮小に伴い、荒廃した状態で長く支配が行われていたようである。元禄3年の幕府隠密の調査記録と思われる、『土芥寇讎記』にも、「幕府から大多喜城の再建命令が通達されたにも関わらず、大多喜藩では命令を履行していない。塀もない状態だ。ましてや門や櫓などあろうはずがない」と記されている。史料が少ないために江戸時代の状態は不明な点も多いが、阿部氏以降の城主は多少の増築などは行ったようである。ただし山頂の天守などは荒廃していたようだ。天保13年(1842年)には天守が焼失し、天守の代わりに2層の「神殿」と称する建築が天保15年(1844年)8月に建てられていたと考えられている。

明治3年12月に城は取り壊され、その後本丸も削平されたという。[2]その後、昭和41年(1966年)に本丸跡は千葉県の史跡に指定された。昭和50年(1975年)に城跡に天保6年(1835年)の図面を基にして天守が再建されて、内部には千葉県立総南博物館(現在の千葉県立中央博物館大多喜城分館)が設置された。


現在、大多喜城の‘本物’の建造物で残存しているものは、ただ二つのみ!

① 薬医門
② 大井戸


大多喜高校敷地内での以上の二つの実地検分!

画像ー243大多喜城と薬医門 060-2
画像ー243大多喜城と薬医門 061-2
画像ー243大多喜城と薬医門 062-2
画像ー243大多喜城と薬医門 063-2
画像ー243大多喜城と薬医門 064-2

上の二つの看板画像で少々データの食い違いが気になる

それは、‘火災’が、天保13年なのか、14年なのか?ということであるが、まあ、一般的にはそう気にはならないだろうが、私の場合に限っては、大いに気になるのである!!

天保14年の方の記事では、火災が起こったのが、「天保14年7月3日」とまで書かれている!(一つ上の画像)
実は、私の生年月日が、天保と昭和の違いがあっても、14年7月3日だからである!
こちらの看板には、文章の責任者(?)名が記載されているが、二つ上の画像には、その記載がない!ただし、それだけでは、どうちらが正しいかを判断してはならないが、どうしてこんな違いが出るのだろうか?

もう一度拡大画像を!

画像ー243大多喜城と薬医門 075-2

いずれにしても、千葉県教育委員会にも大多喜町教育委員会にも問合わせてみる必要がある!

画像ー243大多喜城と薬医門 065-2
画像ー243大多喜城と薬医門 065-3
画像ー243大多喜城と薬医門 066-2
画像ー243大多喜城と薬医門 067-2
画像ー243大多喜城と薬医門 068-2
画像ー243大多喜城と薬医門 069-2
画像ー243大多喜城と薬医門 070-2
画像ー243大多喜城と薬医門 071-2
画像ー243大多喜城と薬医門 072-2
画像ー243大多喜城と薬医門 072-3
画像ー243大多喜城と薬医門 072-4
画像ー243大多喜城と薬医門 072-5

虫食い(正確には、‘腐朽菌’による腐食)が少々気になる! 何とか防腐処理を今施さないと長年の保存は難しいのではないか??

画像ー243大多喜城と薬医門 073-2
画像ー243大多喜城と薬医門 074-2
画像ー243大多喜城と薬医門 076-2
画像ー243大多喜城と薬医門 077-2
画像ー243大多喜城と薬医門 078-2
画像ー243大多喜城と薬医門 079-2
画像ー243大多喜城と薬医門 080-2

薬医門に別れを告げて、大井戸の方へ移動!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/07/05 23:28] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大多喜城の遺産(その4) | ホーム | 大多喜城の遺産(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/924-55d98295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2