FC2ブログ
家事の手伝い
‘ももせいづみ’さんというコラムニストがおられる。

家事する子どもを育てよう!
~家事は大切な生きるちからです。家事ができない子どもが増えている昨今、生きるちからのある子どもを育てるために、まずは「おまかせ家事」をひとつ作って責任を持ってお任せしてみましょう。 
 http://izoomi-m.com/?page_id=6


と言っておられる。

家事手伝い
http://hidedance55.cocolog-nifty.com/hidedance/2012/03/post.html


3原則があるという。

① 一つの仕事を半分程度等お手伝いさせるのではなく、そっくり任せること。
② 時間の管理も任せること。
③ 出来なかった場合、決して怒らない・手伝わないこと。

①は、例えばご飯炊きや食後の食器洗いや風呂の掃除・沸かしなどをそっくり子供の責任でやらせる。
②は、例えば何時までにやりなさいと親が仕切らないこと。そろそろ時間かも?と言う位に止める。
③は、ご飯が炊けていなければ、「これからでも間に合う」と言ってやらせる。風呂が湧いていなければその日は入らない位に我慢をする。

どうやらそんなことらしい。

風呂掃除
http://moehiyo.blog.petitmallblog.jp/blog-entry-46.html

どうやって統計を取られたかは知らないが、東南アジアやヨーロッパでは、子供の‘一日の家事手伝い時間’は、約1.5時間なのに、日本では、0.8時間でおよそ半分という。

それが将来どんな格好で自分に或いは社会に跳ね返ってくるのかを考えると‘空恐ろしい’と仰っているようだ。

‘この頃の若い夫婦’は、
a) まな板を使わない 
b) 包丁を使わない 
c) 米を研がない という。

どんな料理を造っているのだろうか?

これもみんな‘核家族’のお陰であろう。‘核’には反対するが‘核家族’には賛成だと言うことらしい。

子供のため、子供の勉強のため、と言って子供に‘家事手伝いの時間’を与えなかった親の責任だ。その結果、ももせさんが、50年前普通であったことを今仰れば‘凄く新鮮に’聞こえてしまうから時代も変わったものである。

託児所
託児所 http://crowdwagon.com/blog/wagonr35/?p=8508

幼稚園、保育園や託児所問題だって、二世代 or 三世代一緒に暮らしておれば、多少の例外はあるにしても‘何ら問題な生じない!’場所も先生もその家庭で賄えるのに。何でこうなったのだろうか?

3世代家族
http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032002080&GroupCD=0&no=

4世代家族
大家族 http://blog.goo.ne.jp/chairman-room/c/28649f156282accc93367a6e32d381cb

三世代同居の本
http://plaza.rakuten.co.jp/tamagawa/



幼児が親によって殺害される事件など本来存在してはならないのだ!
家事の伝いが‘注目を浴びる’なんてちゃんちゃらおかしいのだ!
コンビニの24時間営業だって本来の生活パターンでは無い筈だ!

コンビニ
http://www.bionet.jp/2008/12/conveni/


正に、文明の‘異常な’発達が人間の本来持つべき‘文化’をあらぬ方向へ向かわせている。

何時でも情報が取れる‘Web(蜘蛛の巣)’や‘クラウド(雲)’<どちらも、‘くも’という発音>のお陰で24時間体制で仕事が出来ること、これやはり間違っている。

高齢者のパソコン
http://www.shuyo.net/zaitaku_sien/H211003.html

多勢に無勢で、みんながやりだせば負けてはおれぬとばかり、‘判っているけど止められない!’

大袈裟に言えば、‘この先人類は何を目指してどうしようというのか?’そんな疑問今のうちに持っていないとやはり大変なことになりそう。



















スポンサーサイト



[2012/03/22 01:36] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<私の新・花粉症対策 | ホーム | 失敗と成功>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/94-f8f0c6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2