FC2ブログ
キリンの睡眠時間!(その2)
キリンの睡眠時間!(その2)

昨日の弊ブログは、いつも通り肝心な処へ行き着かずあらぬ方向へ迷い込んで・・・。

‘キリンの睡眠時間’について、真面目にネットで調べてみた!
どうやら、‘知っている人は知っている’ことのようで、恥しいのだが、睡眠時間が短いのには、それなりの理由があるという!

動物の睡眠時間の長短は、‘草食動物’と‘肉食動物’という分別で説明がつくということのようだから、そんなことも知らなかったことが恥ずかしい!

http://amor1029.exblog.jp/1848030
睡眠時間の長い動物、短い動物の違いとは?

なまけものa0028694_13384320

睡眠時間の長い動物ベスト3

1・・・フタユビナマケモノ(20時間)
2・・・・・・ミズオポッサム(19時間)
2・・・・・・キタオポッサム(19時間)
2・オオチャイロコウモリ(19時間)
3・・・・・・オオアルマジロ(18時間)


キリンa0028694_13391819

睡眠時間の短い動物ベスト3

1・・・・・・・・・・・・・・・・・キリン(20分)
2・・・・・・・・・・・・・・シマウマ(1時間)
3・・・・・・・・・・・アフリカゾウ(3時間)
3・・・・・・・・・・・・・・・・・・ロバ(3時間)
3・・・・・・・・・・・・・・・・ヒツジ(3時間)

一般的に草食動物の睡眠時間は短く、肉食動物の睡眠時間は長い。これは餌に含まれるカロリーに関連している。肉は高タンパク、高カロリーであるが、草は低カロリーなので多量の草を採らなければならないことから採食時間も長くなるという。

飼育され放牧された馬でも睡眠時間の2倍以上の時間を採食に費やしている。また牛は食物を吸収しながら採食し、休息中に反芻し消化している。

さらに、草食動物は肉食動物の捕食の対象となることが多いので、身を守るために絶えず警戒していなければならないことから睡眠は浅く時間も短くなるという。

生物学的にも、睡眠が生存に不利益なある種の動物はほとんど睡眠をしないとの報告がある。就寝中は最も無防備であり、睡眠時間が短いほど生き残る確率も高くなる。そのため、きりんなどは睡眠時間が少なくてもすむように進化してきたと考察されている。


そこで、またまた疑問が生じてくる!

上記の説明には、‘動物’と言っても全ての‘動物’ではない。草食動物・肉食動物、いわゆる‘フツー’の動物の範疇である!

知っても直接的利益は何もないが、

「‘昆虫’の睡眠時間ってどのくらい?」

と、例えば或る小学生から聞かれたって、その答えは知らない!
多分、その質問をする少年は、‘カブトムシ’を手に入れて、夏休みの宿題として‘観察日記’を書こうとしているのかもしれない!
だから、彼にとっては、カブトムシの睡眠時間が重要な課題となっているに違いないと思い始めると、「こりゃあ、浮かうかしてはおれない!」という気分になってきた!

カブトムシf-kabu62
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kabuto.htm

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/08/04 07:29] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本における磁器の歴史と発展 | ホーム | キリンの睡眠時間!(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/955-ddf8a783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2