沼津の名店・‘山正’さん!(その1)
静岡県・沼津市は、‘魚の旨さ’で有名であることは周知の通りである!

娘夫婦は今、神奈川県・相模原市に子供(孫)二人と住んでいるのだが、昔沼津市に住んでいたことがある。
正確に言うと、旦那は沼津市に単身赴任という状況にある。

そのせいもあってか、娘夫婦から‘招待状’が届いた!
「8月30日(土)、31日(日)に沼津~箱根で、お二人で孫の顔でも、どうですか?」お断りする理由はどこにもない! 新幹線の乗車券付きだから尚更である!
今年の夏は、孫(高2、中3)も忙しかったと見えて千葉県の我が家へは来なかったのである。

夏休みももう終わりだから、新幹線も道路も、そんなに混んではいないのだろうとの想定もあったに違いない!

そんな沼津市でも指折り数えられるほどの‘魚の旨い店’、 ‘山正さん’での会食とあるから、コタエラレナイ!
その‘山正さん’には、我々も何度かお邪魔したことがあるが、ここの旨さは格別である!
お客さんを満足させる方法をご存知なのである!

DSC_2527-2.jpg

DSC_2535-2_20140907120456388.jpg

実は、当日は土曜日だったのだが、私は新大阪で午前中の打ち合わせが入っていてその約束は、外せなかった!しかし、とんぼ返りをすれば事足りる。
そんな訳で、朝早く千葉県を出発した!

打ち合わせを午後1時までに終わって、新大阪駅から新幹線に乗ったのは14:00ジャストの‘のぞみ’号。名古屋で‘こだま’号に乗り換えれば、夕刻には三島駅に到着するという訳である。そこから電車で7分で沼津駅!

東海道新幹線での楽しみの一つは、やはり‘富士山’を眺めることである!
その日は、都合良く昼間に富士山付近を通過することになったのだが、果たしてお天気は?の心配があった!

上りの新幹線の場合、掛川駅を通過して約5分後くらいから富士山が見え始めるという。
案の定、‘こだま’は、ガラ空きである。

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 012-2

私を入れて、この車両には‘3人’しか乗客がいない!
名古屋から静岡までは、この状態が続いた。

浜名湖近辺に来るまで居眠りをしていたのだが、‘浜名湖’といえば‘うなぎ’ということであったが、もう随分昔から、日本のうなぎの養殖地は浜名湖ではなくなったという噂を聞いたことがある。何でも愛知県の一色町というところが、今は、うなぎの最大の養殖地らしい。

この話は別途調査してみたい!
年々うなぎの稚魚が手に入らなくなって、うなぎの値段は、正に‘うなぎ上り’だという。今後日本のうなぎ事情はどう変化していくのだろうか?

そんな訳で、車窓から浜名湖周辺を眺めてみたのだが、うなぎの養殖場であった‘池’もあるにはあるのだが、現在操業している風には見えなかった!

むしろ、その敷地は、埋め立てられ‘太陽光発電’の用地に‘変身’しているようにも受け止められた!

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 001-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 002-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 003-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 004-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 005-2

それはそれとして、果たして富士山は拝めるのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/08/30 23:29] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<沼津の名店・‘山正’さん!(その2) | ホーム | 大多喜城と初代城主・本多忠勝の面影>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/984-96ffcc70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2