沼津の名店・‘山正’さん!(その2)
2014年8月30日8日(土)、私は、土曜日なのにどうしても新大阪での打ち合わせに出席しなければならず、その日の朝新幹線で東京から新大阪へ向かった。

そして、その日の17時までに静岡県の沼津駅に到着しなければならないスケジュールに従って行動した。
娘夫婦が、かみさんと二人を沼津市にある鮨と魚料理の名店中の名店、‘山正’さんに招待してくれるというのである!これは‘何としても行かずばなるまい!’という訳で、新大阪14時発の新幹線で引き返してきたのである。

どうしても‘富士山’が見たくて、新大阪への往路では、雲が厚くて拝めなかったため、復路に期待していた!

新大阪からの‘のぞみ’を名古屋で‘こだま’に乗り換えて、三島まで新幹線で行き、後は東海道線で沼津へ引き返す段取りである。
富士山が拝めるのは、上りの場合‘掛川駅’を過ぎて数分後頃から見え始めるというから、それまでは居眠りをしていたが、浜名湖を過ぎる頃には目覚めていて外の風景をカメラに収めた事は昨日のこのブログに書かせてもらった。

土曜日の夕方近くということもあって、相変わらず‘こだま号’は、私一人の貸し切状態。
新幹線とはいえ、こだま号は、のぞみ号やひかり号を先に行かせる為に一駅毎に約5分間の停車時間がとってある。

光電子増倍管では世界超一流の技術会社・「浜松ホトニクス」の看板が、浜松駅から見えた!

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 009-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 010-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 011-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 013-2
画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 016-2

さて、掛川駅に到着したのが15:58だった。この時刻からすれば、あと5~6分もすれば、富士山が現れるはずである。つまり、16:04頃には見え始めても良いというわけであるのだが・・・。そしてその後40分間くらいは、富士山は見える関係にあるはずである。勿論、場所によっては富士山と新幹線線路の中間に山があれば見えない。

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 018-2
16:10

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 020-2
16:31 この写真以下4枚(引用写真は除く)は富士川鉄橋を渡っているところ・・・。
晴れていれば、直ぐ下の引用写真のように富士山が見えるはずなのだが・・・。

富士山・富士川から
http://bcp.moe-nifty.com/products/2009/06/post-9a91.html

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 021-2
16:31

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 022-2
16:31

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 023-2
16:31

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 024-2
16:32

画像ー252 木村夫婦誕生祝賀会 025-2
16:33

だんだん三島駅に近づいて来たのだが、遂にこの日は富士山はお出ましにならなかった!
残念!

私が乗った新幹線は、16:45に三島駅に到着した!
かみさんは、東京駅から新幹線に乗って、16:19に既に三島駅に到着していた。
娘夫婦と孫達は、相模原から車で既に三島駅に到着しており、そんな訳でJRを利用せずに三島駅から車で沼津へ出発と相成ったのである!

‘山正さん’は、明日のブログで・・・!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/08/31 23:56] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<沼津の名店・‘山正’さん!(その3) | ホーム | 沼津の名店・‘山正’さん!(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/985-b034f4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2