FC2ブログ
プラムの花の狂い咲き!(第2弾)
先日(2018年10月20日)のこの弊具ログで 「プラムの花の狂い咲き!」を紹介させて貰ったが、曇り空の中での望遠撮影だったために画像が余り鮮明ではなかった!

10月21日は快晴だったために「プラムの花の狂い咲き!」の第2弾を撮ってみた!

DSCN0857-2.jpg
DSCN0857-3.jpg
DSCN0858-2.jpg
DSCN0859-2.jpg
DSCN0859-3.jpg
DSCN0859-4.jpg
DSCN0859-5.jpg
DSCN0862-2.jpg
DSCN0862-3.jpg
DSCN0862-4.jpg
DSCN0862-5.jpg
DSCN0864-2.jpg
DSCN0866-2.jpg
DSCN0866-3.jpg
DSCN0867-2.jpg
DSCN0867-3.jpg
DSCN0868-2.jpg
DSCN0867-3.jpg
DSCN0868-2.jpg
DSCN0869-2.jpg
DSCN0870-2.jpg
DSCN0872-2.jpg
DSCN0873-2.jpg
DSCN0873-3.jpg
DSCN0877-2.jpg
DSCN0878-2.jpg
DSCN0878-3.jpg
DSCN0880-2.jpg

画像の通り、「ちらほら」であるが、いわゆる「狂い咲き」なのだろう!
原因は「ソメイヨシノの場合」と同じなのだろうか?

DSC_9724-2.jpg
出展:TV・日テレ

確かに「葉っぱ」はほとんど落ちている!

心配事はただ一つ!来年の春に「プラム」はこの樹から収穫出来るだろうか?

2018年06月10日の弊ブログ(http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-2105.html)の写真抜粋!

DSC_7928-2_20181025102308e89.jpg
DSC_7927-3_201810251021209da.jpg
DSC_7950-2_201810251021210fd.jpg

(つづく)
[2018/10/26 10:39] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
プラムの花の狂い咲き!
今年(2018年)の異常気象、特に台風24号による「ソメイヨシノ」の勘違い・狂い咲きが話題となっていることは、前回の弊ブログで紹介させて貰った!

「おやおや、お隣のプラムの樹の花」が狂い咲き?

<2018年10月20日撮影>
DSCN0800-2.jpg
DSCN0800-3.jpg
DSCN0800-4.jpg
DSCN0824-2.jpg

DSCN0817-2.jpg
DSCN0817-3.jpg
DSCN0821-2.jpg
DSCN0821-3.jpg
DSCN0822-2.jpg
DSCN0826-2.jpg
DSCN0826-3_20181020121857cdb.jpg

このように「ソメイヨシノ」以外にも狂い咲きはあるのだろうか?

(つづく)
[2018/10/21 16:02] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飛び跳ねる魚!
飛び跳ねる魚って「ボラ」かも知れない!

「当たっていなけりゃあ、大ボラ?」
「そ、そ~ね!」

房総半島・千葉県・茂原市の川、我が家のすぐ傍の「赤目川」は、毎年この秋口になると「魚が飛び跳ねる!」光景が見られる!

DSC_9601-2.jpg
DSC_9603-2.jpg
DSC_9603-3.jpg
DSC_9603-4.jpg
DSC_9610-2.jpg
DSC_9625-2.jpg
DSC_9625-3.jpg
DSC_9625-4.jpg
DSC_9625-5.jpg
DSC_9629-2.jpg
DSC_9631-3.jpg
DSC_9634-2.jpg
DSC_9634-3.jpg
DSC_9634-4.jpg

「うん、うん、こりゃあ、やっぱり‘ボラ’だぜっ!」
「ほんまっ?」

http://www.forest1000.fujikura.jp/kids/kid04/2037964_9493.html
Q:魚(さかな)がジャンプするのは なぜ?

:水(みず)からジャンプをする魚(さかな)としては、ボラやコアジなどがよく知(し)られているんだよ。魚(さかな)が、ジャンプをするのには、いくつかの理由(りゆう)があるようなんだ。その理由(りゆう)のひとつは、魚(さかな)の習性(しゅうせい)によるものだ。これは、魚(さかな)たちの「くせ」といえるものだね。ふたつめの理由(りゆう)は、水(みず)の下(した)からおそってくる敵(てき)からにげるときだ。みっつめの理由(りゆう)は、わるい寄生虫(きせいちゅう)をからだから落(お)とすためジャンプする。よっつめの理由(りゆう)は、水面(すめいん)から飛(とび)たとうとする 蚊(カ)などの小さな虫(むし)などをたべるとき などがあるんだよ。

川(かわ)が海(うみ)に流(なが)れこむあたりにすむボラは、よくジャンプをする魚(さかな)として 有名(ゆうめい)なんだよ。ボラは、体(からだ)の長(なが)さの 2ばいから3ばい ジャンプをするから、よく目立(めだ)つんだね。なぜ、ジャンプをするのかは、わかっていないんだけど、「ボラが遊(あそ)んでいるんだ」という人もいるんだ。


土手は夕日がさして、ススキが勢いを増してきた!

DSC_9616-2.jpg
DSC_9617-2.jpg
DSC_9617-3.jpg
DSC_9617-4.jpg

房総半島の秋は、こうやって暮れて行くのであ~る!

(つづく)
[2018/10/16 11:17] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カラタネオガタマの花が10月に咲いた!(その2)
「カラタネオガタマの花」が10月に咲いた!

例年は、4~5月に咲くのに・・・。
場所は、房総半島・千葉県茂原市である・・・。

2018年10月4日は、ただ一輪だけ!

DSCN0464-2.jpg
DSCN0464-3.jpg

しかし、予備軍の蕾は沢山!

DSCN0470-2.jpg
DSCN0470-3.jpg
DSCN0471-2.jpg
DSCN0471-3.jpg
DSCN0473-2.jpg
DSCN0473-3.jpg
DSCN0473-4.jpg
DSCN0481-2.jpg

実もつけている!

DSCN0475-2.jpg
DSCN0475-3.jpg

今年2018年の異常気象には、植物も戸惑っているのだろうか?
例年は、4~5月に咲く花なのに・・・。

果たして来年の春にこの花は咲くのだろうか?

(つづく)
[2018/10/08 08:06] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カラタネオガタマの花が10月に咲いた!(その1)
今年2018年は、異常気象の年である!

10月になって、通常は春の4~5月に咲くはずの「カラタネオガタマの花」が咲いた!

<2018年10月4日・朝>

この日はまだ「一輪だけ」なのだが・・・。

DSCN0477-2.jpg
DSCN0478-2.jpg
DSCN0478-3.jpg
DSCN0479-2.jpg
DSCN0479-3.jpg

ちょっと角度を変えてみて撮影!

DSCN0463-2.jpg
DSCN0463-3.jpg
DSCN0464-2.jpg
DSCN0464-3.jpg
DSCN0465-2.jpg
DSCN0465-3.jpg

(つづく)
[2018/10/07 07:37] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自動販売機の憂鬱!(その2)
「自動販売機の憂鬱」 というタイトルで、2018年9月2日にこの弊ブログに掲載させて戴いた!

あれから、今日で10日間が経過したが、「‘売切’ランプの表示」は、増々多くなっている!

私が「売切」表示に気づいたのは、今年(2018年)の8月30日である!

以下の写真でお判りの通り、購入ボタンは「24個」である!〈 )の(O/24)の「O」の数字が、「売切」の数字である。


<2018年8月30日>/24)
DSC_9106 (1)-2

<2018年8月31日>12/24)
DSC_9109-2_201809121019500f0.jpg

<2018年9月2日>16/24)
DSC_9138-2.jpg

<2018年9月7日>18/24)
DSC_9173-2.jpg

<2018年9月9日>21/24)
DSC_9187-2.jpg

<2018年9月11日>21/24)
DSC_9196-2_20180912101956ab0.jpg

9月9日から、(21/24)の状態が続いている!

一般的な常識では、「自動販売機」の補充については、「I oT」という今はやりの技術の浸透で、こんなに時間が掛かるものではないことは確かである!

vending-machine-management-system.jpg
出典:http://nttd-mse.com/bizprism/vending-machine-management-introduction.html

この自販機の持ち主は誰なのかは、知る由もないが、この「自販機の事業」を何れ止めようとしているのだろうか?
辺鄙な我々の団地においては、「唯一無二」の「夜中の灯りと目印」であると同時に「緊急時のオアシス」であるために続けて欲しいと思うのは私だけでもあるまいと思う今日この頃である!

(つづく)
[2018/09/12 11:13] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
またまた「数字の話」!
「ま~だ、面白くも無い‘数字’にこだわっているの?」
「‘面白くも無い’とは、‘貴様’のセンスが無いからじゃ!」

「‘貴様’?!」
「CMじゃあねえっ!」

「それでサ、どんなの?」
「こんなの!」

Screenshot_20180809-224056-2.png
Screenshot_20180809-234013 (1)-2
Screenshot_20180813-160511 (1)-2
Screenshot_20180814-230835-2.png
Screenshot_20180816-234258-2.png
Screenshot_20180817-211230-2.png
Screenshot_20180818-093305-2.png
Screenshot_20180818-105241-2.png

「どれもいいんじゃない?」
「そ~でしょう!」

「今度のはいつもと違って‘工夫’がされているじゃん!」
「そうでしょう!‘貴様’もやってみる?」

「やらないっ!」
「・・・・・・・」

(つづく)
[2018/08/22 23:51] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ハエ取りテープ」のその後
2018年7月26日に100円ショップで購入した「ハエ取りテープ」をぶら下げて、数時間経っても一匹だけ、という有様だったが・・・。

その後段々と増え続けて、今日(2018年8月2日)現在、「9匹」の確保となっている!

DSCN9682-2.jpg
DSCN9682-3.jpg
DSCN9682-4.jpg
DSCN9683-2.jpg
DSCN9683-3.jpg
DSCN9684-2.jpg
DSCN9684-3.jpg
DSCN9685-2.jpg
DSCN9685-3.jpg
DSCN9685-4.jpg
DSCN9686-2.jpg
DSCN9686-3.jpg
DSCN9688-2.jpg
DSCN9688-3.jpg
DSCN9692-2.jpg
DSCN9693-2.jpg
DSCN9695-2.jpg

拡大してみると、「ハエの断末魔?」が印象に残るので、何だか嫌な思いもするのだが・・・・。

そうかと言って、「ハエたたき」を使っての‘一撃’も嫌な感じもするし・・・。

「蚊取り線香」のような「ハエ取り線香」はないものだろうか?、

人間様も案外身勝手なところが多い・・・。

(つづく)


[2018/08/02 10:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
夜の訪問者!
「今度は夜の訪問者?」
「そ、やっぱり‘カニ様’だけどネッ!」

「夜、家の中を動き回るってこと?」
「そ、ベッドまでは来ないけど、ネッ!」

DSC_8666-2.jpg
DSC_8666-3.jpg
DSC_8653-2.jpg
DSC_8654-2.jpg
DSC_8655-2.jpg
DSC_8658-2.jpg
DSC_8658-3.jpg
DSC_8660-2.jpg
DSC_8663-2.jpg
DSC_8664-2.jpg

「どこから来るのよっ?」
「駐車場のお隣の小川から!」

「家の中に何匹位?」
「さあ、4~5匹くらい?」

(つづく)
[2018/07/13 23:03] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お昼の訪問者!
私の住んでいる房総半島は千葉県の茂原市千沢という片田舎には、人間の「訪問者」はなかなかない!

しかし、しかし、別の「訪問者」が沢山いる!

その中の一つ、白昼堂々と上がり込んでくるのは、「カニ様」である!

DSC_8634-2.jpg
DSC_8635-2.jpg

上下ひっくり返してみると、こんな笑顔(?)で、「こ・ん・に・ち・は!」と言っているようで・・・

DSC_8635-3.jpg

網戸の外側から見ると・・・

DSC_8638-2.jpg

さっさと動き回る!

DSC_8645-2.jpg
DSC_8645-3.jpg

これも逆様にしてみると・・・

DSC_8645-4.jpg
DSC_8646-2.jpg

これも逆様にしてみると・・・

DSC_8646-3.jpg

「どうして、カニは頭を下にして動き回るの?」
「知らねえが、‘敵’が下から来ると思っているから?」

「‘敵’って何?誰?」
「知らねえ、‘カニ語’を勉強して、聞いてみたら?」

「じゃあ、そうしましょう!」
「・・・・?」

(つづく)
[2018/07/12 14:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
またまた、車のナンバー?
「またまた、車の番号?」
「そ、おもろいでしょ!」

「まあ、ネッ!」
「滅多にないのよっ!解る?」

DSC_8564-2.jpg
DSC_8564-3.jpg

「これだけっ?」
「これだけ!」

(つづく)
[2018/07/11 23:48] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
羽蟻の大群!
今日(2018年7月7日)の夜、駐車場に電気をつけて約1時間後に車の上を見て驚いた!

‘羽蟻の大群’である!

「ハアリ」と言えば、「白アリの羽蟻」と思いがちである!

今日の羽蟻は、どうやら「白アリ」の羽蟻ではなさそう?

DSC_8668-2.jpg
DSC_8669-2.jpg
DSC_8670-2.jpg
DSC_8671-2.jpg
DSC_8671-3.jpg
DSC_8671-4.jpg
DSC_8671-5.jpg
DSC_8672-2.jpg
DSC_8673-2.jpg
DSC_8673-3.jpg
DSC_8674-2.jpg
DSC_8675-2.jpg
DSC_8675-3.jpg
DSC_8675-4.jpg
DSC_8675-5.jpg


<シロアリ>について
https://www.xn--cckyb8ika7450e78m704d6wf.com/haneari-shiroari-miwakeru/

『日本でシロアリ被害をもたらすシロアリの約99%は「イエシロアリ」「ヤマトシロアリ」』

48ff837bb66fc6f1259c558f4d5f93fa1.jpg
イエシロアリの羽アリ


06d4b125e76d9b1cd5ace443479d526a1.jpg
ヤマトシロアリの羽アリ


shutterstock_138019886.png
黒蟻の羽アリ

(つづく)
[2018/07/07 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
驚きのランキング!
2018年7月3日は、私の79歳の誕生日である!

いつものように、このブログの「サブジャンルのランキング」を見て驚いた!

「第2位」にランクされている!

これまで「第3位」は数回経験したことがあったが、「第2位」は初めてである!

Screenshot_20180703-090924-2.png
Screenshot_20180704-012543-2.png
Screenshot_20180704-012526-2.png

(つづく)
[2018/07/06 11:15] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2018年6月期の歩数について
健康づくりのために「散歩」を基調とした「歩数」を毎日記録している!というより、スマホの「歩数計」が勝手に記録してくれているのである!

今年(2018年)の6月期は、一日2万歩に挑戦してみたが、やはり相当しんどい!

 残念ながら、

6/25 6/28 6/29 の3日だけは、2万歩に届かなかったが、その他の27日間は、見事に2万歩以上を実現させた!

Screenshot_20180702-133730.png
Screenshot_20180702-133637.png

年間通じての目標は、「5,000歩」と設定しているので、これは30日間全て達成!

最高歩数:6/15の「53,396歩」

月間一日の平均歩数「24,820歩」

6月中に歩いた距離「452km」

(つづく)
[2018/07/02 19:03] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
我が家の今年(2018)のサクランボ情報(その3)
我が家の今年(2018年)のサクランボは、異常気象のお陰で、例年より早めに、しかも、大量に収穫出来そうな期待をを我々に与えてくれていた!

しかし、しかし、その期待は、我々人間様だけのものではなかった・・・。
「お鳥様」にもこの異常さは解っていたのである!

<2018年4月24日>

DSCN7771-2.jpg
DSCN7797-2.jpg


<2018年5月4日>

DSCN7804-2.jpg
DSCN7805-2.jpg
DSCN7805-3.jpg
DSCN7806-2.jpg
DSCN7806-3.jpg
DSCN7807-2.jpg
DSCN7807-3.jpg

ついに、遂に、全てのサクランボが「お鳥様」と異常気象の「強風」のために全滅となった!

「まあ、こんなこともあろうな~」
「でも、でも、ザ・ン・ネ・ンで~す!」

(つづく)
[2018/05/08 15:45] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
我が家の今年(2018)のサクランボ情報(その2)
我が家のサクランボ情報の続き・・・。

2018年4月初旬から沢山の実をつけ始めて、順調に赤くなり始めた・・・。

<2018年4月19日>

DSCN7264-2.jpg
DSCN7266-2.jpg
DSCN7267-2.jpg
DSCN7269-2.jpg



<2018年4月23日>

DSCN7504-2.jpg
DSCN7507-2.jpg
DSCN7531-2.jpg



<2018年4月24日>

DSCN7769-2.jpg
DSCN7770-2.jpg
DSCN7771-2.jpg
DSCN7771-3.jpg
DSCN7783-2.jpg
DSCN7787-2.jpg
DSCN7794-2.jpg
DSCN7795-2.jpg
DSCN7796-2.jpg
DSCN7797-2.jpg

これはこれは大変な事になったかも?

(つづく)
[2018/05/05 21:48] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
我が家の今年(2018)のサクランボ情報(その1)
今年(2018)の異常気象の影響は、我が家のサクランボの樹にも及んだ!

花が散った後、4月の初めから目に見えてサクランボが大きくなって来た・・・。
下の写真に見られるように、今年は例年にも増して「大豊作」を感じさせた!

<2018年4月8日>

DSCN7062-2.jpg
DSCN7063-2.jpg
DSCN7064-2.jpg
DSCN7066-2.jpg
DSCN7070-2.jpg
DSCN7076-2.jpg
DSCN7078-2.jpg
DSCN7078-3.jpg

場所によっては、少~し赤みがさしているものも見られる!

DSCN7223-2.jpg

今年は大いに期待出来そうだ!

(つづく)
[2018/05/04 23:31] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
錯覚を是正出来ないフロアー
東京駅前丸の内側の変わりようは、行ってみれば直ぐに解る!

また新丸ビルの1階フロアーにも驚かされる!
じっと見ていると増々嵌ってしまうから不思議である・・・。

①d5354-2

これが皇居方面から見た新たな東京駅前。
ズームで見てみると・・・

②DSC_5354-3

この向かって左側のビルが、新丸ビルである!

③DSC_5354-4

このビルに裏側(皇居側)から入って見ると、立派なフロアーが現れる!

④DSC_5355-2

反対側も

④DSC_5363-2
⑤DSC_5356-2
⑥DSC_5357-2
⑦DSC_5357-3

「我々老人をカラかっているの?」と言いたくなるが、平面なのであるのであ~る!
どうか、足元の危うい御仁は入らないように!

(つづく)
[2018/04/11 23:35] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪に耐えた2輪目の梅花と第3輪目
この弊ブログで何度もご紹介したが、ここ房総半島・千葉県は茂原市の片田舎にも今季初の降雪があった!
近年に珍しく、約5cmもの‘大雪’だった!

今季やっと咲き始めた我が家の借景の梅の樹の第輪目の梅花が、この降雪に巻き込まれてしまっていて、一時はどうなるのかと思っていたが、翌々日(2018年1月24日)元気な姿を見せてくれた!

まだまだ残雪はあったのだが・・・。

そして、そして第3輪目の蕾がほころび始めたではないか!
どんなものでも‘誕生’は嬉しい!

降雪の翌々日は、快晴だった!

①DSC_4843-2

借景の‘Kさん家’の梅の樹も何だか生き返ったように見えた!

②DSC_4844-2
③DSC_4844-3

私は、第2輪目の場所を探した!
あったあった! 健気にも降雪に耐えていた!

④DSC_4833-2
⑤DSC_4833-3

別の角度から・・・。

⑥DSC_4836-2

残念ながら、第1輪目は降雪に耐え切れずに・・・。

地面にはまだ雪の名残が・・・。

⑥DSC_4839-2
⑦DSC_4840-2
⑧DSC_4841-2
⑨DSC_4841-3

しかし、しかし、第3輪目の蕾が・・・。

⑩DSC_4834-2
⑪DSC_4834-3
⑫DSC_4835-2
⑬DSC_4835-3

この借景の梅の樹が満開になるのはいつなのだろうか?

(つづく)
[2018/01/27 21:16] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪の翌朝(その3):〖2階からの景色<その1>〗
房総半島・千葉県は茂原市付近に今季初の降雪があったのは、2018年1月22日の夜半である。
翌朝は、打って変わって‘快晴’に恵まれた!

勿論、どんよりとした天気での真っ白な景色も素晴らしいという向きもあるかもしれないが、我々九州出身の輩には、快晴下での雪景色の方がホッとする!

その光景が翌朝、22日の太陽が昇り始めた時点で見られ始めた! 
一寸した感動ものだった!

「馬子にも衣裳」という諺があるが、こんな田舎での見慣れた世界が、降雪の真っ白さのお陰でまるで天国にでも行ったような気分になったから不思議である!(勿論、天国の景色がどんなものかは、知る由もないが・・・)


〖2階からの景色<その1>〗

DSCN6167-2.jpg
DSCN6168-2.jpg
DSCN6169-2.jpg
DSCN6170-2.jpg
DSCN6171-2.jpg
DSCN6171-3.jpg
DSCN6171-4.jpg
DSCN6172-2.jpg
DSCN6172-3.jpg
DSCN6183-2.jpg
DSCN6184-2.jpg
DSCN6185-2.jpg
DSCN6185-3.jpg
DSCN6186-2.jpg
DSCN6187-2.jpg
DSCN6188-2.jpg
DSCN6189-2.jpg
DSCN6190-2.jpg

「色の白いは、七難隠す」とも言う!
何と素晴らしい景色なのだろうか!

昇り始めた太陽光の遠赤外線で温められたお陰で直ぐに水蒸気が出始めたと見えて、薄っすらと‘靄(もや)’が立ち込めた景色は今迄見たことがなかった!

(つづく)
[2018/01/25 23:55] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪の翌朝(その2):〖1階からの景色<その2>〗
一昨日(2018年1月22日)の今季の初雪には一寸驚かされた!ここ房総半島・千葉県では年に2~3度しか降雪はないのに、その降り方のスピードが余りのも速かったからである。

〖1階からの景色<その2>〗

DSCN6148-2.jpg
DSCN6148-3.jpg
DSCN6150-2.jpg
DSCN6150-3.jpg
DSCN6151-2.jpg
DSCN6151-3.jpg
DSCN6152-2.jpg
DSCN6153-2.jpg
DSCN6154-2.jpg
DSCN6154-3.jpg
DSCN6155-2.jpg
DSCN6156-2.jpg
DSCN6157-2.jpg
DSCN6157-3.jpg
DSCN6157-4.jpg
DSCN6159-2.jpg
DSCN6159-3.jpg
DSCN6160-2.jpg
DSCN6160-3.jpg
DSCN6161-2.jpg
DSCN6162-2.jpg
DSCN6163-2.jpg
DSCN6163-3.jpg
DSCN6164-2.jpg
DSCN6165-2.jpg
DSCN6166-2.jpg



1階からの景色はこれで終了して、次回は2階から見た降雪の景色を・・・。

(つづく)
[2018/01/24 23:50] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初雪の翌朝(その1):〖1階からの景色<その1>〗
ここ房総半島・千葉県は茂原市での昨日(2018年1月22日)の初雪については、昨日中にこの弊ブログに掲載した!

翌朝、つまり今朝の降雪の状態が気になったし、朝日に映える一年振りの景色を待ちに待った!

〖1階からの景色<その1>〗

① 房総半島では、近年稀にみる大雪である!
② 何だか‘怪しげな’足跡が見られた!
③ その証拠に、竹が雪の重さで極端に曲げられている!
④ 借景梅も大打撃、これじゃあ、第1輪目も第輪目も危うい!

DSCN6128-2.jpg
DSCN6129-2.jpg
DSCN6129-3.jpg
DSCN6130-2.jpg
DSCN6131-2.jpg
DSCN6132-2.jpg
DSCN6134-2.jpg
DSCN6135-2.jpg
DSCN6136-2.jpg
DSCN6136-3.jpg
DSCN6136-4.jpg
DSCN6137-2.jpg
DSCN6137-3.jpg
DSCN6138-2.jpg
DSCN6139-2.jpg
DSCN6139-3.jpg
DSCN6139-4.jpg
DSCN6139-5.jpg
DSCN6140-2.jpg
DSCN6141-2.jpg
DSCN6142-2.jpg
DSCN6143-2.jpg
DSCN6143-3.jpg
DSCN6143-4.jpg
DSCN6144-2.jpg
DSCN6144-3.jpg
DSCN6144-4.jpg
DSCN6145-2.jpg
DSCN6145-3.jpg
DSCN6146-2.jpg
DSCN6146-3.jpg
DSCN6147-2.jpg
DSCN6147-3.jpg

(つづく)
[2018/01/23 22:03] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
不思議な‘リンゴ’?
或る有名な方から‘不思議なリンゴ’を頂戴した!
何でも、まだ販売されていないリンゴだそうだ・・。

有名な方というのは、こんなルートがあるのだろうか?

①DSC_4641-2
②DSC_4632-2
③DSC_4633-2
④DSC_4636-2
⑤DSC_4637-2
⑥DSC_4637-3
⑦DSC_4625-2
⑧DSC_4625-3

「お味はどうですか?」
「酸味もあって、十分美味しいですね!」

「一寸調べてみましたが、本当にまだ売り出されていないみたいですねえ」
「えっ、えっ!? なぜ?」

http://www.iijan.or.jp/oishii/products/fruit/post-2432.php
衝撃の赤!りんごの果肉の色にびっくり 2016.11.09.

20161109_ringo1.jpg

りんごの色は何色?

信州特産のりんごは、早くはつがるから始まり、続いて秋映、シナノスイート、シナノゴールド、シナノドルチェなど次々に登場してきました。 そして今、サンふじの収穫が始まったとの便りも届いています。
さて、「りんごは何色?」と聞かれると、その答えは代表的なところで「赤色」、少数で「黄色」「緑色」でしょうか。でもこれはりんごの外観(皮)の話。りんごの実(果肉)の色はと言えばだれに聞いても「白」または「黄色」と答えるに違いありません。
ところがびっくり、どうやら「赤い果肉のりんご」が現われたようなのです。

20161109_ringo2.jpg
20161109_ringo3.jpg

長野県の北部に位置するJA中野市のりんご・もも部会で、赤肉系りんごの栽培に取り組んでいると聞き、中野市の吉家果樹園で行われた「赤肉りんご現地検討会」におじゃましてお話を伺いました。
このりんご畑で栽培されていた赤い果肉のりんごは、「なかの真紅」「ムーンルージュ」「炎舞(えんぶ)」「いろどり」「なかののきらめき」の5品種。赤色の果肉と言っても、桃色から濃紅色と品種によってさまざまです。

20161109_ringo4.jpg
なかの真紅
外観は濃赤。果肉は桃色~赤色。酸味は弱いので甘く感じます。

20161109_ringo5.jpg
ムーンルージュ
外観は黄色。果肉は桃色~赤色。酸味は弱く糖度が高い。シャリとして食味が良い。

20161109_ringo6.jpg
炎舞
外観は濃赤。果肉は桃色。酸味は弱いので甘く感じます。

20161109_ringo7.jpg
いろどり
外観は濃赤。果肉は濃紅色。酸味は弱いので甘く感じます。

20161109_ringo8.jpg
なかののきらめき
外観は黄色。果肉は赤色。果肉が赤くなると外観はオレンジ色になる。5品種の中でいちばん酸味が強い。

果肉が赤くなるのはなぜ?
りんごは様々な品種がありますが、果肉の色は白や黄色と決まっていました。いったいどうすれば果肉が赤くなるのでしょう?皮の色が作用しているの?
そんな疑問を、赤い果肉のりんごの育種をした吉家一雄さんにぶつけてみました。
「りんごにはもともと赤色の遺伝子があり、他のりんごとの交配で赤果肉のりんごが出来たのです」
というのが吉家さんの答え。遺伝子が関係しているんですね・・でもちょっと難しい。

さて、これら赤い果肉のりんごたちは、実をいうとまだ販売をされていません。(ざんね~ん、早く食べたいですよね)

JA中野市では、2~3年後に販売を開始するべく栽培に取り組んでいますので「しばしお待ちください」とのことでした。


ただし、この記事が掛かれたのは、上述の通り、「2016.11.09.」である。
しかし、販売開始は、2~3年後とあるから、今年2017年にはまだ発売させていないらしい!

(つづく)
[2017/12/31 11:59] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
UFO出現?!
今年、2017年も終わりに近づいた12月30日の夕刻、ところは房総半島・千葉県は茂原市の我が家付近の東側の空に、怪しき‘UFO'’が出現した!

以下の画像が、その証拠写真である!

「ホント?」
「まあ、見て下さい!」

DSC_4626-2.jpg

「おや、おや、‘UFO’らしいねえ!」
「そうでしょ、ね、そうでしょ!」

DSC_4627-2.jpg

「電線に停まった?」
「こいつ電線好きかも?」

「拡大、拡大!」

DSC_4627-3.jpg

「こりゃあ、ほんまもんだっ!」
「ね、ねっ!」

DSC_4629-2.jpg

「今度は、こっちの電線に、‘瞬間移動’? さっさと、拡大!」

DSC_4629-3.jpg
DSC_4629-4.jpg

「電線のこっち側だぜっ!」
「今度は、電線から離れたっ!」

DSC_4630-2.jpg
DSC_4630-3.jpg

「おい、おい、何処へ行っちゃうのよ?」
「車ら降りて、撮ってみますか?スマホでなくて、カメラで・・・」

<撮影時刻:2017年12月30日16:53>
DSCN5541-2.jpg
DSCN5541-3.jpg
DSCN5543-2.jpg

「やっぱり、‘UFO’かも?」
「ば~か!‘月’じゃろうが、このアホ!」

と言う訳で、‘瞬間移動’したのは、‘UFO’(=月)ではなく、撮影者の車だったという、お粗末!

「‘UFO’騒ぎは、大体こんなものでしょうか?」
「そ、そっ!‘UFO’が‘瞬間移動’しているのではなくて、撮影者が移動している、ってこと!」

「それを、‘相対性原理’という、ってことでしょうか?」
「あの有名な物理学者の‘一石’さんがそう言っていた!」

「‘一石’さんって、誰?」
「バ~カ、‘アインシュタイン’さんだろうがっ!」

と言う訳で、‘UFO’の月を、つまり明るい月をバカチョン方式で撮るという「特殊撮影‘偽’術」で撮影した!

<撮影時刻:2017年12月30日16:54>
DSCN5547-0-2.jpg
DSCN5550-2.jpg
DSCN5550-3.jpg
DSCN5550-4.jpg
DSCN5550-5.jpg
DSCN5550-6.jpg
DSCN5550-7.jpg

明日の大晦日の天気は、関東地方では曇りか雨という天気予報だから、今年の見納めかも知れない!

(つづく)
[2017/12/30 23:23] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サンタが橇(そり)で飛んできた!
「サンタが橇(そり)で飛んできた!だと?寝言を言うなっ!このば~か!」
「いや、いや、ホントなんですよっ!」

「えっ、えっ!?」
「下の写真を、篤と御覧じろ、って、ね!」

DSC_4575 (1)-2
DSC_4574-2.jpg

「どうですかっ?サンタさんの橇が少しづつ動いて来ているのが、お判りですか?」
「俺のような老人には、少なくともそうは見えるが・・・」

「やっぱり、騙されましたか??」
「う~ん、どうなってるの、これって?」

「額縁の保護ガラスに、トイメンのサンタさんが写っているのを、角度を変えて撮影しただけ!」
「ほ、ほっ~、面白いじゃん!」

「ねっ、ねっ!」
「それで、トイメンのサンタさんは?」

DSC_4567-2.jpg
DSC_4571-2.jpg

「これが、そうなんです! 最初の画像は、ガラスに映っている‘虚像’ですから、左右が逆にっ!」
「今度は、少しづつ角度を変えて‘連続移動’の写真を、お願いっ!」

「‘このば~か!’は何処へ行ったのです?」
「ご免!」

DSC_4572-2.jpg
DSC_4566-2.jpg
DSC_4602-2_20171225120622d36.jpg

「まだまだ、あるの?」
「この真下の画像も‘虚像’の部分が・・・」

DSCN5455-2.jpg
DSCN5456-2.jpg
DSCN5456-3.jpg
DSCN5456-4.jpg
DSCN5457-2.jpg

「実像が、こちら!」

DSCN5458-2.jpg
DSCN5459-2.jpg
DSCN5459-3.jpg

(つづく)
[2017/12/25 13:08] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福岡の印象(その2):博多駅の夜-1
2017年11月17日の博多駅前のイルミネーションは、見ものだった!

電飾もLEDのお陰で、日本全国色々な造形がみんなを楽しませている!
中には、動く造形も出てくるようだが、博多駅前(北口)は、そんなに煌びやかではないものの十分に我々を癒してくれた!

DSC_3985-2.jpg
DSC_3985-3.jpg
DSC_3992-2.jpg
DSC_3992-3.jpg
DSC_3997-2.jpg
DSC_3997-3.jpg
DSC_4000-2.jpg
DSC_4000-3.jpg
DSC_4000-4.jpg
DSC_4000-5.jpg

ず~と見ていたい気にさせる!

(つづく)
[2017/11/20 23:25] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
車のナンバー
「また、車のナンバーの話?」
「そ、そ~!」

「あんたも、詰まらんものに興味があるねえ!」
「でも、凄い番号を見つけた時には、案外興奮するもんですよっ!」

「くだらんねっ!」
「鈍感な人には、ねっ!」

DSC_3492-2_20171102133031e8f.jpg
DSC_3492-3_20171102133033b1e.jpg
DSC_3492-4_20171102133035b94.jpg
DSC_3492-5.jpg

「‘1234’と‘110’が、走行中に目の前に並んでですよっ!<この時刻は、2017年10月24日14:02>
「それがどうかしたっ!」

DSC_3494 (1)-2
DSC_3494 (1)-3

「ところが、ところがですよっ!上の写真撮影時刻は、何と<2017年10月24日14:26>24分後ですよっ!」」

「それがどうしたっ!」
「奇跡でしょ!」

「馬鹿か?貴様は!」
「そ~お?」

(つづく)
[2017/11/02 13:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大安売り!
どこのスーパーでも、その店独特の‘客寄せ’作戦がある!

例えば、

「‘A’というお店では、牛乳が安いのよ!」
「そう、そう!」

「アイスが、安いのは‘B’のお店よ!」
「あ、そうなの?」

「ドリンクが安いとこ、知ってる?」
「ドリンクなら、‘C’のお店よっ!」

ってな具合である。主婦はその辺の情報をよ~く知っている!

2017年10月17日、「玉ねぎとジャガイモが安いっ!」という情報が入ったらしい!
「Big House 茂原店」である!

おっとり刀で出掛けたという訳・・・。

⑤
⑥

いや、いや、‘黒山の’と言う程ではないが、大勢のご婦人が・・・

①DSC_3437-2

「寒くなってきました!」
いい謳い文句ですねえ!
‘玉ねぎ’も‘ジャガイモ’も、‘1個100円’だそうだ!

②DSC_3437-4
③DSC_3437-3

こんなに沢山お買いになっておられる方も・・・

④DSC_3439-2

うちだって、負けず劣らずでして・・・。

こんなサービス、どこのスーパーも次から次へやって貰いたいものである!

(つづく)
[2017/10/19 16:35] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
情報社会は、今!
情報社会は、果たして本当に‘幸せ社会’への道を辿っているのだろうか?

先日‘スマホ’を操作していて、「おやっ?これは一寸やばいかも?」と思ったことがあった!

①1Screenshot_20170819-171734-2
②Screenshot_20170819-171754 (1)-2
③Screenshot_20170819-171859-2

以上の情報が、画面に表われたではないか!

「あなたは、

① 2017年8月16日に上野駅近辺を‘ウロチョロ’して、遂には
② 串焼・福多呂(住所まで)に行きましたよ、ね!
③ その串焼き屋さんにかなり長時間いましたよ、ね!
④ その時間帯は、17:28から20:22 ですよっ!

間違いありませんか?」

と言う訳である!

④DSC_2127-2

上の写真は、私が行きつけの「串焼・福多呂」へ行って、ビールを注文して待っている時(2017年8月16日17:39)に私がスマホで撮影した写真である!この場所が私の定席・・・。

いやいや驚いた!
こりゃあ、やっぱり場合によっては、やばいことだってあるに違いない!

この日は、フィリピンから来日した人達との商談があって、上野駅付近で17時頃から打ち合わせる約束だったのだが、彼等の大阪での商談が長引いて、21時からに変更になったので、暇つぶしに、行きつけの福多呂へ行ったと言う訳!

でも、やばいこともあるだろうが、便利なことだって大いにある!

「情報社会、是か非か?」
「果たして人間社会は何処へ?」

もうそんな議論は通じない!

(つづく)
[2017/10/02 00:31] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2017年9月7日9:40
2017年9月7日、私は所用があって福岡市へ行くことになった。
千葉県茂原市の自宅を朝7:30に出て東京に着いたのが、9:17。それから浜松町へ出て羽田空港行きのモノレールに乗り込んだ!

浜松町では満員だったモノレールも羽田空港国際線ビル駅を過ぎた時には、乗客もまばらになった!
ふと前方の座席の下に目をやった瞬間、凍りついた!

①dsc_2324-2

① 「爆発物かも知れないっ!」
② 「ひょっとしたら北朝鮮の工作員が置いたのかもっ!?」

北朝鮮のICBM等々で世界中が大騒ぎをしている最中でもある!
そんな気になって周りを見渡しても、皆さんといっても横の席の方達、2~3人だが、気が付いてもおられる様子だったが、案外冷静だった!

②DSC_2323-2
③DSC_2323-3
④DSC_2323-4
⑥DSC_2323-5

後でパソコン処理してみても、紙袋の文字は判読出来ない!

terrorism_03.gif
出典:https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/terrorism.html

公共の乗り物には、こんな注意書きがあるのは承知済みなのだが、10時までにはカウンターで航空券購入処理をしなければならない!

時刻を見ると、‘9:40’である。

乗務員も廻っては来ないし、駅係員に知らせる、と言ったって余裕は10分間位しかない!
「時間がありませんから・・」と言ってみても、案外疑われるかも知れないと思ったので、そのままにしてモノレールを降りた!

その後、‘事件’にはなっていなかったようだから、胸をなでおろした!

モノレール会社にお願いしたいのは、こんな場面に乗客が会わないように、頻繁に社内巡回を徹底してやって欲しいと言う事だ!
これは、新幹線でも長距離電車にでも言えることである!

あの紙袋はあの後どうなったのだろうか?

単なる忘れ物だったのだろうが、それにしても人騒がせな‘事件’だった!

(つづく)
[2017/09/17 16:42] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
designated by FC2