FC2ブログ
蜘蛛の糸の不思議
蜘蛛の糸の不思議

蜘蛛の糸の不思議さについては、色々大昔から聞き及んではいたが、真剣に深く追求しようとはしたことはなかった・・・。

昔聞き及んだ話では、我々の会社の大先輩に

「蜘蛛の糸を長さ方向にカミソリで半分に切る」ことが出来る名人

がいるという噂もあった。

勿論、半分に切るのには、その目的があるのは当然である!!電子機器の表示板の十字線に使うという・・・。

http://uenishi.on.coocan.jp/k200keiigi.html
経緯儀

経緯儀というのは回転軸に望遠鏡がついたもので三角点の二点にそれぞれ照準を合わし目盛盤によって内角度を正確に読むことができます。望遠鏡で目標に正しく視準できるように接眼レンズの内側にはガラス板に十字線(クロスヘアー)が刻まれています。かつては十字線に、くも(女郎蜘蛛)の糸がつかわれていました。また直角三角形の相似の原理を使って距離を計測する(スタジア測量)ため十字線の上下には短い横線(スタジアヘアー)が引かれたものもあります。


さて、我が家の駐車場の付近で「雨に濡れた蜘蛛の巣」を見つけて観察してみると、奇妙なことに気づいた!
プロの方には、何でもない事なのだろうが、見識も何もない私にとっては「大発見!」なのである・・・。

DSCN1007-2.jpg
DSCN1007-3.jpg
DSCN1007-4.jpg
DSCN1007-5.jpg
DSCN1008-2.jpg
DSCN1008-4.jpg
DSCN1008-5.jpg
DSCN1008-6.jpg
DSCN1010-2.jpg
DSCN1010-3.jpg
DSCN1010-4.jpg

蜘蛛の巣(網)については、Wikipedia に次の記述がある!

https://ja.wikipedia.org/wi
ki/%E3%82%AF%E3%83%
A2%E3%81%AE%E7%B6%B2

クモの網(クモのあみ)は、クモ(蜘蛛)が自分で出す糸で作った網である。

円網
円網(カラスゴミグモ)・横糸には粘球があって光る
一般にクモの網として想像されるのは、おそらく、中央から放射状に引かれた糸に、同心円状に細かく糸が張られたものであろう。このような構造の網を円網(えんもう)と呼び、主としてコガネグモ科・アシナガグモ科とウズグモ科などのものが張る網である。

網の構造
中心から放射状に張られた糸を縦糸(たていと)縦糸に対して直角に、同心円状に張られた糸を横糸(よこいと)という。横糸は実際には同心円ではなく、螺旋状に張られている。網の中心付近には横糸がなく、縦糸の交わるところには縦横に糸のからんだ部分があり、これを「こしき」という。クモが網にいる場合には、普通ここに居場所を定めている。網の外側には縦糸を張る枠にあたる糸があり、これを枠糸(わくいと)と呼ぶ。

網の中で粘り気があるのは横糸だけである。横糸をよく見ると、数珠のように粘球が並んでいるのがわかる。横糸は螺旋状に張られているが、普通網の下側の方が数が多い。これは、網の下側では一部が螺旋ではなく、往復で張られているからである。


さて、これだけの知識を基にしての自らの「大発見!」とは、何か?というと・・・

① 水滴は、必ず縦糸にしか付かない!
② ただし、「こしき」の部分の縦糸には水滴は付かない!

さて、さて、これは常識なのだろうか?
ド素人の私には、何故こうなるのかの理由は、さっぱり解らない!

横糸の‘粘り気’が横糸に水滴が付かない理由だとは少しは理解出来るのだが、「こしき」の縦糸に水滴が付かない理由は??

(つづく)
[2019/08/20 12:05] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
半夏生(半化粧)の一生!
半夏生(半化粧)の一生!

不思議な植物である!

一体何のために、葉っぱが白くなるのkだろうか?
そして、或る時期を過ぎると、葉っぱの白い部分が緑に変化するという!
何で??

<2019年8月13日>の時点での葉っぱは?
DSCN1018-2.jpg
DSCN1018-3.jpg
DSCN1019-2.jpg
DSCN1021-2.jpg
DSCN1021-3.jpg

この5日後の葉っぱは・・・

<2019年8月18日>
DSCN1039-2.jpg
DSCN1039-3.jpg
DSCN1040-2.jpg
DSCN1040-3.jpg
DSCN1041-2.jpg
DSCN1041-3.jpg
DSCN1042-2.jpg
DSCN1042-3.jpg
DSCN1042-4.jpg
DSCN1043-2.jpg
DSCN1043-3.jpg
DSCN1043-4.jpg
DSCN1043-5.jpg
DSCN1044-2.jpg
DSCN1044-3.jpg
DSCN1044-4.jpg

上の画像で見る通り、ここのところの暑さも手伝ってか、半化粧が、少し汗で化粧が落ちて来た感じがする。
今後の変化を見守っていきたい・・。

この現象はどんなことなのだろうか?

https://shiny-garden.com/post-592/
ハンゲショウ(半夏生)の特徴
ハンゲショウの主な見どころは、この葉の花期の様子です。
花の咲く頃になると花穂のすぐ下の数枚の葉が、付け根の部分から先端にかけて白く変色します。
白い斑の面積はまちまちで、花が終わる頃には緑に戻ります
群生している姿はとても風情があり、幻想的で美しいものです。

花が咲く頃に葉が白くなり、花が終わると緑に戻る
ハンゲショウの葉は不思議な性質をしています。

ハンゲショウの白い葉は、同科のドミダミの花の白い部分と同じ役割を果たします。
ドクダミの花の白い部分は、葉が変化した苞葉(ホウヨウ)と呼ばれるもので、花を目立たせ、昆虫を呼び寄せる役割があります。


ハンゲショウの白い葉は、苞葉(ホウヨウ)になりきれていない葉だとされています。
花の下の数枚が白くなり花弁の役割を果たしています
白い部分は葉の表側だけで、裏側は白くありません。
片側だけ白くなることから「カタシログサ」とも呼ばれています


植物の葉が緑に見えるのは組織の中の葉緑体のためですが、ハンゲショウの白い葉の表側には葉緑体がありません。
花が受粉を終えると白い葉の役目は終わり、葉緑体が作られ葉は徐々に緑に戻ります


こんな芸当をこの植物のどの器官が受け持っているのだろうか?不思議である!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E
3%83%B3%E3%82%B2%E3%8
2%B7%E3%83%A7%E3%82%A6

名前の由来
名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日。グレゴリオ暦で毎年7月2日頃)の頃に花を咲かせることに由来する説と、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする説がある。

また、葉の片面(表面)だけが白くなることから古くはカタシログサ(片白草)とも呼ばれている。

なお、生薬の「半夏(はんげ)」はカラスビシャクから採れるものであり本種とは関係がないが、本種と開花時期が重なることから名前の由来にかかわりがあるとする説もある。


(つづく)
[2019/08/18 15:28] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アメリカンブルー
アメリカンブルー

玄関先に「青い花」が咲いている。

勿論、花の名前に疎い私が、その名前を知っているはずがない!

恐る恐るかみさんに聞いてみた。

「アメリカンブルー」

すんなりと答えが返ってきた!
珍しい!

DSCN1026-2.jpg
DSCN1027-2.jpg
DSCN1037-2.jpg

一円玉の直径は、ご承知の通り、「2cm」であるから、下の文献にもある通り、花径は、3cm 以下の様だ!

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-307
エボルブルス(アメリカンブルー)の基本情報
学名:Evolvulus pilosus
その他の名前:アメリカンブルー

科名 / 属名:ヒルガオ科 / アサガオガラクサ属(エボルブルス属)

特徴
エボルブルスは、アメリカンブルーとも呼ばれ、葉腋に花径2~3cmほどの濃い青色の花を咲かせます。高温乾燥に強く、夏の間旺盛に生育し、すがすがしい花色が涼しげです。曇りの日は花が閉じます。寒さには弱く、暖地であれば戸外で冬越しできますが、霜が降りるところでは枯れ、一年草として扱われます。分枝性のよい枝がほふくして四方に広がるので、花壇の縁取りやハンギングバスケット、脚つきのコンテナのほか、グラウンドカバーにも利用できます。花は枝の先のほうに咲くので、摘心や切り戻しをして枝数をふやしておくことが、こんもりとした草姿に花をたくさん咲かせるコツです。

基本データ

園芸分類 草花

形態 一年草,多年草 原産地 中央アメリカ

草丈/樹高 20~40cm 開花期 4月下旬~10月

花色 青 栽培難易度(1~5)

耐寒性 弱い 耐暑性 強い

特性・用途 開花期が長い,初心者でも育てやすい,グラウンドカバーにできる


DSCN1029-1.jpg
DSCN1029-2.jpg
DSCN1029-3.jpg
DSCN1031-2.jpg
DSCN1031-3.jpg
DSCN1031-4.jpg
DSCN1031-5.jpg
DSCN1032-2.jpg
DSCN1032-3.jpg
DSCN1034-2.jpg
DSCN1034-3.jpg
DSCN1034-4.jpg

花は小さいが、それぞれの器官は勿論細かいが十分に機能を発揮するよう整っている!

(つづく)
[2019/08/15 07:59] | 美しい花 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウが何時間も!
アゲハチョウが何時間も!

驚いた!

我が家の玄関の網戸に「アゲハチョウ」が、およそ3時間も居続けたのである!

「熱中症かしら?」
「そうかもねっ!」

蝶が熱中症に罹るかどうかは知らないが、ここのところの暑さは、「半端っじゃね~!」

さて、この「アゲハチョウ」の種類・名前は,何というのだろうか?

DSCN0969-2.jpg
DSCN0970-2.jpg
DSCN0970-3.jpg
DSCN0970-4.jpg

逆光だから、蝶の模様などが見えない!
という訳で、玄関の網戸を開ける訳にはいかないので、今から外へ出て、玄関へ・・・。

そして、そして、そ~と近づいて・・・。

DSCN0972-2_201908121034437f2.jpg
DSCN0972-3.jpg
DSCN0972-4.jpg
DSCN0979-2.jpg
DSCN0979-3.jpg
DSCN0979-4.jpg
DSCN0979-5.jpg
DSCN0988-2.jpg
DSCN0988-3.jpg
DSCN0993-2.jpg
DSCN0993-3.jpg


昆虫の場合、表、裏をどう表現するのか知らない・・。「背中側」「腹側」と言うべきなのかもしれないが、玄関の網戸に止まったのだから、玄関側から見た画像は「背中側」に違いない!

もう一度部屋側に戻って撮影して、PCでコントラストを十分に落として「腹側」を見てみようとしたが、失敗に終わった!

DSCN0997-1-2.jpg
DSCN0997-1-3.jpg
DSCN0997-1-4.jpg
DSCN0997-1-5.jpg

しかし、何となくデザイン的には面白い画像にはなった!

さて、さて、ところで前述の通り、「アゲハチョウ」であることは間違いなさそうでsるが、この蝶の名前が、判明しない!

頼みの綱の「Sさん」大先生のご意見をお伺いしようと思ったが、先ずはネットで・・。

どうやら「クロアゲハチョウ」らしいのだが、果たして???

https://www.insects.jp/kon-tyokuroa.htm
クロアゲハ
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科
Papilio protenor
大きさ (前翅長)45-70mm
時 期 4-9月
分 布 本州・四国・九州・沖縄
黒っぽい大きなアゲハチョウ。
樹木が茂ったところなど、やや暗い場所をフワフワゆったりと飛ぶ。街なかから山地まで、黒いアゲハの中では一番普通に見られる。山道では湿った地面で吸水するのをよく見かける。


kuroageha1406192449.jpg
kuroageha1406233929.jpg

ご覧の通り、「クロアゲハ」と言っても、「腹側」は黒いのだろうが、「背中側」は、青みがかっている・・・。

(つづく)
[2019/08/12 11:20] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
「カミキリムシ」の名前が解かった!
「カミキリムシ」の名前が解かった!

昆虫の名前って、中々解からない!

先日このブログでご紹介した「名前を知らなかったカミキリムシ」の名前を「Sさん」からお教え頂いたのである!

DSC_0446-2_201908070819268ab.jpg


『ミヤマカミキリですね。
胸の部分のしわとか判別しやすいかと。』


という簡単明瞭なご指摘である。

この「Sさん」からは、以前にもご指導戴いた経験がある!

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-2315.html
ということで、ド素人なりの検索結果を掲載させて戴いておりましたところ、上述の通り、「5月9日」に或る方(S様)から

『 もしかするとモモブトカミキリモドキ(メス)かもしれません 』

DSCN3538-2_201908101245428fd.jpg

という嬉しい、嬉しいコメントを頂戴することが出来ました!

こうやって調べてみると、コメントを頂戴した(S様)は、全てお見通し済みでのコメントであったことが判ります!
どうもありがとうございました!

実は、この(S様)は、先般の「ゴミ蜘蛛」についてもご指導を戴いた方でした!有難うございました!今後共何卒よろしくご指導戴きますように・・・。

201904071016022d2_20190810124541111.jpg

『これはゴミグモという蜘蛛みたいですね。
巣にごみを吊るすのが特徴です。
こっちでも結構見られる蜘蛛で、巣にごみが下がっているので誤って引っかかるという心配が少なくて済みます(笑)』



という訳で、「ミヤマカマキリ」を検索してみると・・・

http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/blog-entry-1643.html?sp
ミヤマカミキリ
2017年07月24日17:54 カミキリムシ 写真あり

2017年7月24日(月)
1624 ミヤマカミキリ 撮影日:2017/07/24 場所:勿来の関

 甲虫目カミキリムシ科カミキリ亜科のミヤマカミキリを紹介します。
 水飲み場にカミキリムシが止まっています。
 一見,クワカミキリに似ています。
 しかし,上翅肩にある小黒点がありません。


1672_convert_20170724173716s.jpg

胸部背に多くのしわが見られるミヤマカミキリ。
しかし,クロカミキリと違って上翅肩には小黒点がありません。
 体長は50㎜もある大きなカミキリムシです。
 画像を見ると胸部背に多くのしわ(緑矢印)があります。
 クロカミキリに似ていて胸部背にしわがあるカミキリムシの画像を探すとミヤマカミキリが見つかりました。


1673_convert_20170724173735s.jpg

こんな大あご(黄矢印)で噛まれたら痛い思いをするミヤマカミキリ。
 頭部には丈夫な大あご(黄矢印)があります。
 慎重に掴まないとこの大あごに噛まれ酷い目に遇います。
 触角の後方を取り囲むように複眼(赤矢印)があります。


文献にもある通り、また「Sさん」のご指摘にもある通り、「胸の部分のしわ」

DSC_0446-4.jpg

それに、「頭部には丈夫な大あご」!

DSC_0444-5.jpg

正に、このカミキリムシは、「ミヤマカミキリムシ」に違いない!

「Sさん」、有難うございました!


DSC_0444-3.jpg
DSC_0446-3.jpg

(つづく)
[2019/08/10 14:22] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カミキリムシ
カミキリムシ

「カミキリムシ」の種類は多いとは聞いていたが、日本に約800種類もとは知らなかった!

そんなに沢山の種類があるのなら、そう簡単には名前が解かるはずはないのだろう!
図鑑とやらを見てみたが、以下の画像と同じと思われるカミキリムシは、見つけ出せなかった!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%
E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%B7

カミキリムシ(髪切虫、天牛、蠰)は、コウチュウ目(鞘翅目)・カミキリムシ科(Cerambycidae)に分類される甲虫の総称。ごく一部の種を除き草食で、成虫の体は前後に細長く、触角、脚、大顎が目立つ。 卵→幼虫→蛹→成虫という一生を送る完全変態の昆虫である。

概要
全世界の熱帯から亜寒帯まで、陸上性の多年生植物がある所にはたいてい分布する。名前がついているものだけで約2万種、日本だけでも800種ほどが知られる。

成虫の触角は長く、英名"Longhorn beetle(長い角の甲虫)"または"Longicorn"もここに由来する。また、漢字表記の一つ「天牛」は中国語に由来し、長い触角をウシの角になぞらえたものである。触角の長さは種類やオスメスによって異なり、体長の半分くらいのものから体長の3倍以上に及ぶものまで変異に富む。同種では雄の方が長い。ただし、クロカミキリやトラカミキリなどは触角がそれほど長くない。

脚はカブトムシなどのような棘は発達しないが、長くがっしりしている。脚先に並んだ付節はハート型で細かい毛が生えており、吸盤とは構造が違うがものにくっつくという点では同じである。この付節と鉤爪があるため、垂直に立つ木の幹も、ガラス面でも歩くことができる。

成虫は植物の花、花粉、葉や茎、木の皮、樹液などを食べる。植物の丈夫な繊維や木部組織をかじりとるため、大顎もそれを動かす筋肉もよく発達する。うかつに手で掴むと大顎で咬みつかれることがあり、大型種では出血することもあるので注意が必要である。カミキリムシという呼び名も、髪の毛を切断するほど大顎の力が強いことに由来する(「噛み切り虫」からという説もある)。

また、カミキリムシを手でつかむと、ほとんどの種類が「キイキイ」という威嚇音を出す。多くは前胸と中胸をこすり合わせて発音するが、ノコギリカミキリ類など前翅の縁と後脚をこすり合わせて発音するものもいる。

幼虫の食草・食樹は種類によってだいたい決まっており、卵もそれらの植物に産卵される。幼虫は細長いイモムシ状で、体色はたいてい半透明の白色をしており、日本では俗にテッポウムシ(鉄砲虫)などと呼ばれる。一般には円筒形の体で、前胸だけが大きく、腹背にやや平たい。胸部の歩脚も腹部の疣足も外見上はない。草の茎や木の幹など、植物の組織内に喰いこんでトンネルを掘り進み、大顎で植物の組織を食べながら成長する。生きた植物に食いこむものと、枯れた植物に食いこむものとがいるが、大型の種類は生木に入りこみ、数年かけて成長することが多い。

充分に成長した幼虫は自分が作ったトンネル内で蛹になる。蛹はほぼ成虫の形をしており、触角が渦巻き状に畳まれる。羽化した成虫は大顎でトンネルを掘り進み、植物の外へ姿を現すが、羽化した段階で越冬するものもいる。


DSC_0444-2_20190807081228f3d.jpg

2019年7月29日の夜、我が家の居間に「名前の判らない‘カミキリムシ’」が入り込んで来た!
その形相はけたたましく、物凄い顔つきをしていたのである!

DSC_0444-3.jpg
DSC_0444-4.jpg
DSC_0444-5.jpg
DSC_0444-6.jpg
DSC_0443-2.jpg
DSC_0443-3.jpg

団扇に乗せて外へ・・

DSC_0446-2_201908070819268ab.jpg
DSC_0446-3.jpg
DSC_0446-4.jpg
DSC_0446-5.jpg
DSC_0451-2_20190807081931ebb.jpg
DSC_0451-3.jpg
DSC_0451-4.jpg

カミキリムシだけでなく、昆虫は、甲冑を身に着けているような様子がはっきり窺える!

(つづく)
[2019/08/08 07:54] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
桔梗の花は、今!(その2)
桔梗の花は、今!(その2)

桔梗の花については、「花言葉」に関しても色々深い経緯があるようである!

https://kurashi-no.jp/I0014194
桔梗の花言葉・開花時期
sakushiyaさんの投稿
26228519 1977674399224798 3206462913489403904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

花言葉:永遠の愛
桔梗の花言葉の代表的なものは「永遠の愛」です。この他にも「誠実」や「清楚」、「従順」といった花言葉もあります。とてもロマンチックで良い意味の花言葉ばかりです。

花言葉の由来
桔梗の花言葉である「永遠の愛」は桔梗にまつわる女性の物語に由来します。一人の男性への愛を貫き一生涯掛けて待ち続けた女性の姿を桔梗にたとえているのです。 このことから、戦争中は夫や大切な恋人が無事自分の元に帰ってきてくれるように願掛けをして桔梗の花を大切にした女性も多かったようです。

海外の花言葉
海外でも桔梗の花言葉は「endless love」(永遠の愛)や「honesty」(正直者、誠実な人)という意味となっています。日本の花言葉と少し違うのが「the return of a friend is desired」(友人の帰りを願う)という男女共通した待つ人を象徴する花として見られていることや「obedience」(従順)という花言葉もあることです。

色別の桔梗の花言葉
桔梗の花には青紫をはじめとして白やピンクなどもあります。青紫の桔梗の花の花言葉は「気品」。紫は高貴な色とされています。そのために、この気品という花言葉がつけられたのでしょう。白の桔梗の花言葉は「清楚」。控えめな中にも凛とした表情を見せる白い桔梗の花にはピッタリな花言葉です。 良い意味が多い桔梗の花言葉ですが、ピンクの桔梗には「薄幸」というあまり良くないものがつけられています。ピンクは品種改良された花と思われがちですが、自然界でも見られた花色でした。フラワーショップに出回っているのはそのような突然変異のピンクを品種改良したものです。その綺麗な色に惹かれてプレゼントするには向かない花言葉の意味となっています。


DSC_0162-2_20190806144303822.jpg
DSC_0163-2.jpg
DSC_0169-2.jpg
DSC_0169-3.jpg
DSC_0169-4.jpg
DSC_0171-2.jpg
DSC_0171-3.jpg
DSC_0171-4.jpg
DSC_0171-5.jpg

ところで、「紫」が高貴な色と言われるのは一体何故?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB
ムラサキ
「ムラサキ」はもともと紫草という植物の和名であり、この植物の根(紫根)を染料にしたことから、これにより染色された色も「ムラサキ」と呼ぶようになった。この名称自体は、ムラサキが群生する植物であるため、『群(むら)』+『咲き』と呼ばれるようになったとされる[3]。古来この色は気品の高く神秘的な色と見られた。また紫草の栽培が当時の技術では困難だったために珍重され、古代中国(漢代以降 - 時代が下ると黄色に変った)、律令時代の日本などでは、紫は高位を表す色とされ、主に皇族やそれに連なる者にしか使用を許されなかった。

『枕草子』の冒頭、「少し明りてむらさきだちたる雲の細くたなびきたる」という箇所は『紫色の雲』という意味と、『群がって咲く(ムラサキの)花のような』という両方の意味があるともされる。なお、ムラサキの花は白色である。


(つづく)
[2019/08/07 07:52] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
桔梗の花は、今!(その1)
桔梗の花は、今!(その1)

「紫」と言えば、桔梗の花を想い浮かべるのは、私だけではないに違いない!

小学校の時に「紫」の字を覚える時には、「この糸むらさき」と覚えた人も多いだろう!

先ずは、お隣の庭に咲き誇っている桔梗の花とは・・・

DSC_0162-2_20190806144303822.jpg
DSC_0163-2.jpg
DSC_0164-2_2019080614430521a.jpg
DSC_0164-3_20190806144307a33.jpg
DSC_0164-4.jpg
DSC_0166-2.jpg
DSC_0166-3.jpg
DSC_0167-2.jpg
DSC_0167-3.jpg

「徒然草」には以下の件(くだり)がある!

http://www.syougai.gr.jp/series_kurashi/koten/8.html
『徒然草』第一三七段は、冒頭 に、 花は盛りに、月は隈(くま)なきをのみ見るものかは
と述べますが、この一文こそ、兼好法師の美意識が最も端的に表現されたものとして、古来たいへん有名になっているものです。「花」即ち桜の花は今を盛りと咲き誇る満開の花だけを、月は少しのかげりもなく輝いている月だけを、すばらしいとして見るものであろうか、いやそうではない、と言っているのです。ここでは、誰しも美的鑑賞の対象物として賞賛する満開の桜花や、一点の曇りもない月だけが、美としての評価を得るものではなかろうという、通常の美的価値規準に対する見直しを迫っているのです。


という訳で、ご苦労さんの花も・・・

DSC_0168-2.jpg
DSC_0168-3.jpg
DSC_0168-4.jpg

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6
キキョウ(桔梗、Platycodon grandiflorus)はキキョウ科の多年生草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」は本種であると言われている[誰?]。絶滅危惧種である。

形態
根は太く、黄白色。高さは40-100cm程度。葉は互生で長卵形、ふちには鋸歯がある。下面はやや白みがかっている。

秋の花のイメージが強いが、実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、夏を通じて初秋の九月頃までである。つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっている。そのため "balloon flower" という英名を持つ。つぼみが徐々に緑から青紫にかわり裂けて星型の花を咲かせる。雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある。花冠は広鐘形で五裂、径4-5cm、雄しべ・雌しべ・花びらはそれぞれ5本である。

なお、園芸品種には白色や桃色の花をつけるものや、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種やつぼみの状態のままほとんど開かないものなどがある。


(つづく)
[2019/08/06 15:27] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
黒ほおずき
黒ほおずき

「黒ほおずき」なんて聞いたことがなかったが、花が咲いた後の実?を見てみると、昔から慣れ親しんでいた「ほおずき」と形が同じだし、色が赤でなく黒だから、ネットで「黒ほおずき」で検索してみた!

何と何と、驚きではないか!「ぴったし、カンカン!」とはこんなことを言うのだろう!

https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-kurohohzuki_large.html
クロホオズキ(黒鬼灯・黒酸漿) は、 オオセンナリ(大千成、学名:Nicandra physaloides)  の園芸品種で、ナス科オオセンナ属の一年草です。 ホオズキとつきますが、ホオズキ属ではなく、オオセンナリ属の花です。 オオセンナリと似ていますが、違いは、葉に黒い棘があるか、花の基部の色が何色かなどが、同定の決め手になります。
一般名:クロホオズキ(黒鬼灯・黒酸漿)
学名:Nicandra physalodes Violacea
別名:ニカンドラ・ピラロデス・ビオラケア
分類名:ナス科オオセンナリ(ニカンドラ)属
原産地:園芸品種
草丈:50~100cm 花径:2.5cm 花形:鐘状 花色:薄青 開花期:7~9月 葉長:5~15cm  果実茎:ホオズキ状-5枚の萼片に囲まれた球形 実色:緑地で上部に黒紫斑


我が家の玄関先の鉢の黒ほおずきは、

DSC_0192-2.jpg
DSC_0192-3.jpg
DSC_0193-2.jpg
DSC_0193-3.jpg
DSC_0131-2_201908022259521d7.jpg
DSC_0131-3.jpg
DSC_0131-4.jpg
DSC_0131-5.jpg
DSC_0131-6.jpg
DSC_0131-7.jpg
DSC_0131-8.jpg
DSC_0150-2.jpg
DSC_0150-3.jpg
DSC_0150-4.jpg
DSC_0150-5.jpg
DSC_0151-2.jpg
DSC_0151-3.jpg
DSC_0151-4.jpg
DSC_0151-5.jpg
DSC_0151-6.jpg
DSC_0151-7.jpg
DSC_0155-2_20190802230459c5f.jpg
DSC_0155-3.jpg
DSC_0155-4.jpg
DSC_0155-5.jpg
DSC_0157-2.jpg
DSC_0157-3.jpg
DSC_0180-2.jpg
DSC_0180-3.jpg
DSC_0183-2.jpg
DSC_0183-3.jpg
DSC_0183-4.jpg

葉っぱの斑点は、一体何なのだろうか?

(つづく)
[2019/08/02 23:10] | 珍しい花 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サフランモドキは、今!
サフランモドキは、今!

花の名前(植物の名前が花の名前で代表される?)の命名方法は、一体どうやって決まるのだろうか?

同じものを、それぞれの立場や昔からのその地域や伝統?によって名前を主張する?のだろうか?

ただし、この風潮で迷惑をこうむる?人達もいるのではないか?

花そのものは、人間様からどんな名前を付けられようと知る由もないから、やはり名前の紛争?は、人間様の‘エゴ’に過ぎないのかも知れない!

ということで、いつもその「論争」に巻き込まれる?のは、「サフランモドキ」さんであるのであ~る!

https://suna-kaze.blog.so-net.ne.jp/2016-09-03
ゼフィランサス(サフランモドキ)とハブランサス 比較と違い [草花 夏]

近縁種であるゼフィランサスとハブランサス

混乱しますよね。

そこで2つを比較して、その違いを明らかにしてみたいと思います。<後略>


という記事だから、もう「サフランモドキ」という言葉が、最優先ではない!

その際に掲載された画像は次の通り・・。

<ゼフィランサス>
m_E382BCE38395E382A3E383A9E383B3E382B5E382B9E380806l.jpg
出典:https://suna-kaze.blog.so-net.ne.jp/2016-09-03

<ハブランサス>
m_E3838FE38396E383A9E383B3E382B5E382B92l.jpg
出典:https://suna-kaze.blog.so-net.ne.jp/2016-09-03

「イヌサフラン」や「コルチカム」という名前も登場するから、「サフランモドキ」も忙しい?

私自身も、花の名前に疎かったこととそんなに重要視してもいなかった浅学非才のこともあって、「サフランモドキ」を「コルチカム」としてこの弊ブログに掲載したために騒動に巻き込まれた経験がある!間違えた理由は簡単で、ある人から頂戴した「サフランモドキ」の鉢に小さな名札が付いていて、そこに書かれていたのが「コルチカム」だったのである!

まあこの議論は、別の機会に譲ることとして・・・。

我が家の玄関先には、美しい花が咲いていた!

DSCN0766-2.jpg
DSCN0767-2.jpg
DSCN0767-3.jpg
DSCN0767-4.jpg
DSCN0768-2.jpg
DSCN0768-3.jpg
DSCN0769-2.jpg
DSCN0769-3.jpg
DSCN0769-4.jpg
DSCN0773-2.jpg
DSCN0773-3.jpg
DSCN0775-2.jpg
DSCN0775-3.jpg

DSCN0777-2.jpg

この花の特長で欠点?は、寿命が、短いことである!ほぼ3日間!

(つづく)
[2019/07/28 11:19] | 言葉の威力 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
房総半島の田んぼは、今!(2019年7月23日)
房総半島の田んぼは、今!(2019年7月23日)

昨日(2019年7月23日)の午前中に我が家の近所にある田んぼを見て、少々驚いた!

「稲穂」はまだ見れないと思っていたからである!

ここは房総半島のほぼ中央部にある千葉県・茂原市である・・・。

ここら辺りの田んぼが全てこんなに発育通い訳ではないのだが・・・。

DSC_0208-2.jpg
DSC_0210-2_20190724073136f46.jpg
DSC_0211-2_20190724073136e44.jpg
DSC_0211-3.jpg
DSC_0211-4.jpg
DSC_0212-3_2019072407313777a.jpg
DSC_0212-2.jpg
DSC_0212-5_20190724073138578.jpg
DSC_0212-4_201907240731384fe.jpg
DSC_0213-2_20190724073138797.jpg
DSC_0214-2_20190724073138381.jpg

梅雨寒の中で、まずまず順調の様で・・・。収穫はいつ頃だろうか?

(つづく)
[2019/07/24 07:36] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紫陽花は、今!(その2):柏葉あじさいの紅葉(2)
紫陽花は、今!(その2):柏葉あじさいの紅葉(2)

昨日(2019年7月19日)の本ブログでお断りしたように、ここでいう「紅葉」は、葉っぱのそれではなく、「花の‘花弁’の紅葉」のことである!

DSCN0842-2.jpg
DSCN0843-2.jpg
DSCN0850-2.jpg
DSCN0850-3.jpg
DSCN0850-4.jpg
DSCN0851-2.jpg

さて、植物の‘終焉時’には、大体‘赤く’なっていくのは常識の様であるが、「NHKのチコちゃん」ではないが、「なぜ、終焉時に‘赤く’なる」のだろうか?

「植物は、芽の出る際には‘緑’で、終焉時には‘赤’になる理由って、なぜ?」

理由は知っているが、間違えると「ボーと生きてんじゃあねえょっ!」と言われそうだから、もう少し調べてから・・・。

理由予告(余り自信が無いので大文字でなく・・・)「植物が、その時々で必要な周波数の電磁波を吸収しようとしているから・・・」  果たして、正解?

(つづく)
[2019/07/20 08:51] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紫陽花は、今!(その1):柏葉あじさいの紅葉(1)
紫陽花は、今!(その1):柏葉あじさいの紅葉(1)

今年(2019年)も異常気象は中々正常に戻らず、もう7月の半ば過ぎだというのに「夏の訪れ」が感じられない・・。ナスやキュウリは日照不足で曲がってしまうらしく、それよりも花の受粉も上手く行かないのか、実が育たなく50%以上の値上がりが続いている!

そんな中、柏葉あじさいが遅ればせながら、「紅葉」の季節を迎えた!

DSCN0798-2.jpg

「紅葉」と言えば、文字通り、葉っぱが紅くなることなのだろうから・・

DSCN0798-3.jpg

ということなのだろう!

しかし、今回のこの記事の「紅葉」は、「花が紅くなること」をテーマにしたいのであ~る・・・。

DSCN0799-2.jpg
DSCN0802-2.jpg
DSCN0802-3.jpg
DSCN0803-2.jpg
DSCN0804-2.jpg
DSCN0805-2.jpg
DSCN0807-2.jpg
DSCN0807-3.jpg
DSCN0838-2.jpg
DSCN0839-2.jpg
DSCN0840-2.jpg
DSCN0839-3.jpg

おやおや、花の紅葉もこんなに美しいことに初めて気付いた!

(つづく)
[2019/07/19 10:12] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長寿の心得
長寿の心得

我が家の和室に二十年も前から掛かっている扁額がある・・・。

「長寿の心得」という扁額である!

DSC_0058-2_20190717091623303.jpg

結構大変なことが書かれているが、これが世間一般に通用するものかどうかは知らないが、大変参考になると思っている!

DSC_0058-3_201907170916245dc.jpg
DSC_0058-4.jpg
DSC_0058-5.jpg

「白寿」までは、何となく知っているのだが、「茶寿」と「皇寿」は聞いたことがなかったので、検索してみると、実に巧いことが書かれている!

これを知っていると、何だか博識の部類に入れてもらえるかも知れない???

Screenshot_20190717-070927.png
Screenshot_20190717-071043.png

私もつい最近「傘寿」を迎えさせて貰った!

ダジャレで申し訳ないが「傘寿≒30」と思っている!

「人生これからだ!」 「人生これ身体!」

という訳で、「身体」を大事にするためには何をすれば良いのか?

私の場合は、

10 ,000万歩/日以上の散歩
46℃のお風呂に毎日10分以上

と決めている!

(つづく)
[2019/07/17 09:40] | 言葉の威力 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
皇居・和田倉門界隈(その3)
皇居・和田倉門界隈(その3)

この皇居・和田倉門噴水公園には、そんなに大勢の人が来ることもないようで、その日(2019年7月5日)も幼稚園の児童10数人が来た(写真を撮り損ねたが)だけで、あとは通り抜ける人達がほとんどだった。

ただ一組のカップルが、15分間くらいの間「撮影会」まがいの行動(?)で目を引いた!

DSC_0096-2_201907140616320a3.jpg
DSC_0096-3_20190714061633785.jpg
DSC_0096-4.jpg
DSC_0104-2_2019071406163909d.jpg

コの画像は、彼らがここへきてもう15分くらいも経っていた!

DSC_0100-2_20190714061635079.jpg
DSC_0102-2_2019071406163813a.jpg
DSC_0100-3_20190714061638cde.jpg>

スズメも危険でないことを学習していると見えて、1m の近くまで寄ってくる!

時間も大分経ったので、そろそろ東京駅へ向かって歩き始めたのだが、お堀に白鳥様が・・・

DSC_0106-2_20190714061641d93.jpg
DSC_0106-3_20190714061642722.jpg
DSC_0107-2_20190714061643261.jpg
DSC_0108-2_201907140616458e5.jpg
DSC_0109-2_20190714061646847.jpg
DSC_0110-2_201907140616489ce.jpg
DSC_0110-3.jpg
DSC_0111-2_201907140616513bd.jpg
DSC_0111-3_201907140616523d9.jpg
DSC_0112-2_201907140616547f5.jpg

おや、おや、「頭かくして尻隠さず」、そのもの・・・・。

(つづく)
[2019/07/14 22:11] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
皇居・和田倉門界隈(その2)
皇居・和田倉門界隈(その2)

さて、この「和田倉門」の「和田倉」、もう一つ言えば、「和田」の意味は?名前の由来は?

http://fanblogs.jp/shirononagori/archive/198/0
和田倉門■名の由来■
この門の付近に「和田倉」と呼ばれる蔵があった。これが名の由来です。和田さんの蔵?ではなく、海のことを指す「わた」です。海がワタ?はい。そうらしいです。そういえば、ハングル語では海をパダといいますが、もともと似た発音だったのですかね。まぁ言語的なことはこのへんで。要するに、かつてはワタ、つまり海がこの付近まで入り込んでいたことから、海と蔵で「ワタクラ」と呼ばれるようになった。そういうことですね。はっきりしませんが、この地に蔵があったのはそうとう古い話で、家康が江戸に入った時には既に和田倉という村落があったとも言われています(これには諸説ありで、徳川時代の物資の集積地として「倉」の名がついたとも言われています)。

まぁともかく、実在した「蔵」に由来。「蔵の御門」とも呼ばれていたようです。


さて、我々は「きけ、わだつみのこえ」というフレイズを知っている!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%
91_%E3%82%8F%E3%81%A0%E3%81%A4%E3%8
1%BF%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%88

『きけ わだつみのこえ』は第二次世界大戦末期に戦没した日本の学徒兵の遺書を集めた遺稿集。1947年(昭和22年)に東京大学協同組合出版部により編集されて出版された東京大学戦没学徒兵の手記集『はるかなる山河に』に続いて、1949年(昭和24年)10月20日に出版された。BC級戦犯として死刑に処された学徒兵の遺書も掲載されている。編集顧問の主任は医師、そして戦没学徒の遺族である中村克郎をはじめ、あとの編集委員として渡辺一夫・真下信一・小田切秀雄・桜井恒次が関わった。

1963年(昭和38年)に続編として『戦没学生の遺書にみる15年戦争』が光文社から出版され、1966年(昭和41年)に『第2集 きけ わだつみのこえ』に改題された。

『きけ わだつみのこえ』の刊行をきっかけとして1950年(昭和25年)4月22日に日本戦没学生記念会(わだつみ会)が結成された。

類似した題名の映画が何本か製作されている。また、この刊行収入を基金にして、戦没学生記念像わだつみ像が製作され、京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで展示されている。

名前の由来
学徒兵の遺稿を出版する際に、全国から書名を公募し、応募のあった約2千通の中から京都府在住の藤谷多喜雄のものが採用された。藤谷のそもそもの応募作は「はてしなきわだつみ」であったが、それに添えて応募用紙に「なげけるか いかれるか/はたもだせるか/きけ はてしなきわだつみのこえ」という短歌を添付した。なお、この詩は同書の巻頭に記載されている。

「わたつみ(わだつみ)」は海神を意味する日本の古語である。


従って、「ワタ(ワダ)」は、「海」の古語であることが判った!

さて、「和田倉噴水公園」の様子は・・・。

DSC_0092-2_20190713225546aa9.jpg
DSC_0092-3.jpg
DSC_0092-4.jpg
DSC_0092-5.jpg
DSC_0093-2_2019071322555145d.jpg
DSC_0093-3.jpg
DSC_0093-4.jpg
DSC_0094-2.jpg
DSC_0094-3.jpg
DSC_0095-2.jpg
DSC_0095-3.jpg

ワダは海と言っておきながら、和田倉噴水公園の噴水の水は、海水ではないらしい!

(つづく)
[2019/07/13 23:04] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
皇居・和田倉門界隈(その1)
皇居・和田倉門界隈(その1)

今年(2019年)7月5日、打ち合わせの合間に時間が出来たので、久し振りに喧騒を離れて「皇居和田倉門」近辺へへ行ってみた・・。

ここは、東京駅からほんの数分で行ける距離にあるのに、流石、皇居の一部(?)とあって、静けさが満喫出来る!

 

http://fng.or.jp/koukyo/news
/2015/08/post-74.html

和田倉噴水公園の「和田倉門」と「和田倉橋」

和田倉噴水公園は、昭和36年に今上天皇の御成婚を記念して創建された水と緑の広がる癒しの公園。園内には公園のシンボルである大噴水と、様々なテーマが設けられた流水施設があり、都会のアオシスとして人々に親しまれています。

150831-3.jpg

そんな噴水公園の北東に位置する、公園の入り口の一つが和田倉門です。

 和田倉門は1620年(元和6年)の改築で東北の諸大名により枡形が構築されました。

150831-5.jpg

そしてこちらの木橋が和田倉橋。皇居のお濠に架かる橋で江戸時代の「木橋」の姿が残されているのは、この「和田倉橋」と「平川橋」のみです。

150831-7.jpg

この橋より内側は、大手門や桔梗門(内桜田門)から入場する大名や武士が通行する橋で、一般人は通ることができませんでした。

建設年は不明ですが、1620年にはすでに存在していたとの記録があります。橋は関東大震災で大きな被害を受け、その後1953年に往時の木橋を模したコンクリートの橋へと生まれ変わりました。

150831-8.jpg

明治天皇がはじめて江戸城に入場する際には、呉服橋を通った後、こちらの和田倉門を通り、江戸城西の丸に入られました。

近代的なモニュメントや大噴水がある一方で、江戸時代の面影を色濃く残す和田倉噴水公園。皇居外苑散策の際は、是非お立ち寄りください。


DSC_0085-2_201907121003343bd.jpg
DSC_0086-2.jpg
DSC_0086-3.jpg
DSC_0087-2_201907121003376d7.jpg
DSC_0089-2_20190712100339920.jpg
DSC_0090-2_20190712100340513.jpg
DSC_0090-3.jpg
DSC_0090-4.jpg
DSC_0091-2_20190712100345a4b.jpg
DSC_0091-3.jpg
DSC_0091-4.jpg

これは、橋の欄干には良く見かける「擬宝珠」というものである!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E
6%93%AC%E5%AE%9D%E7%8F%A0

擬宝珠(ぎぼし)は、伝統的な建築物の装飾で橋や神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾りである。ネギの花に似ていることから「葱台(そうだい)」とも呼ばれる。

擬宝珠が取り付けられるのは親柱(両端および一定の間隔で並ぶ主要な柱)であり、「宝珠柱」という。親柱が木製の場合、擬宝珠は銅、青銅などの金属製である場合が多く、雨水などによる木材の腐食を抑える役目もある。親柱が石の場合、擬宝珠も含めて石造りになっている場合もある。まれにすべて木製のものもある。より古い時代の瓦製のものも見つかっている。

紛らわしいものとしては五重塔、五輪塔などの仏塔の先端に飾られるもので、これは擬宝珠ではなく宝珠である。

起源
起源は諸説あり、一つは仏教における宝珠から来ているとするものである。宝珠は釈迦の骨壺(舎利壺)の形とも、龍神の頭の中から出てきたという珠のこととも言われ、地蔵菩薩などの仏像が手のひらに乗せているものである。 この宝珠を模した形から模擬の宝珠という意味で擬宝珠とつけられたというもの。

もう一つはネギのもつ独特の臭気が魔除けにもなると信じられ、その力にあやかって使われるようになったとする説であり、擬宝珠という用字は葱帽子、葱坊主に後から付けられた当て字であるとするもの。橋や神社など仏教建築以外でも使われることの説明にもなる。

歴史
神社では伊勢神宮正殿の高欄の五色の宝珠型の飾りが原型とされ、当初は朝廷と関わる建造物にのみ存在したらしい。

古い例としては中国、漢代の画像石や敦煌の壁画にそれらしいものが見られる。日本での例では平城京跡の二条大橋のものとされる、瓦のものが見つかっている。

橋の擬宝珠には、その由来が刻まれている場合もある。銘があり現存するものとしては京都 三条大橋に一部残っているものが古く、天正年間に豊臣秀吉の命で改築した際のものとされる。五条大橋も同時期で橋に用いられた最初のものとされる(ただし現在のものではない)。他に、それを模したものとして江戸時代初期の盛岡 上の橋、下の橋のものがある。

江戸市中で擬宝珠を持っていた橋は、日本橋 (東京都中央区)と京橋 (東京都中央区)、新橋 (東京都港区)のみである[1]。

形状、各部名称

先端の宝珠状の部分のみをさして、「擬宝珠」という場合もある。下にあるお椀を伏せたような部分を「覆鉢」、間をつなぐくびれた部分を「欠首」という。さらにその下、覆鉢の下の円筒形部分を「胴」という。

擬宝珠は時代により形状が変化しており、一例として高さに比べ直径の大きく頭の宝珠状部分が小さいものを「鎌倉型」という。この宝珠部分の大きさは概ね時代とともに大きくなっている。


[2019/07/12 10:32] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その3)
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その3)

さて、さて、さて、一体この銅像様の「井上勝」とはどなたでしょうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%
BA%95%E4%B8%8A%E5%8B%9D

井上勝
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

220px-Inoue_Masaru.jpg
井上勝

井上 勝(いのうえ まさる、天保14年8月1日(1843年8月25日) - 明治43年(1910年)8月2日)は、日本の幕末から明治にかけて活躍した武士(長州藩士)、官僚。正二位勲一等子爵。幼名は卯八(うはち)、通称は弥吉(やきち)。鉄道発展に寄与し、日本の鉄道の父と呼ばれる。長州五傑の1人。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。

<中略>

鉄道事業の推進
大蔵省に勤務してからは伊藤や大隈重信といった鉄道敷設推進派らと共に1幹線3支線との構想を発表する。とはいえ、当初は鉄道技術が日本にないためイギリスのお雇い外国人に頼るしかないという現実があり、勝は明治2年11月5日に岩倉具視・澤宣嘉とイギリス公使ハリー・パークスの会見に出席して岩倉らの通訳を務めていたが、まだ鉄道に関する方針に踏み込めなかった。続いてパークスが紹介したホレーショ・ネルソン・レイと伊藤らとの交渉で、イギリスが外債および技師と建設材料を提供して鉄道敷設を進めることになった。しかしレイは日本国債をロンドン株式市場に流して自分の個人口座に利ざやが入るようにした。政府はレイとの交渉を打ち切り、外債をとりつける新しい交渉相手を決めた。1845年に香港で創立されたオリエンタル・バンクである。

政府はイギリス人技師エドモンド・モレルを中心として敷設事業を展開、勝はその下で実技を習得しつつ路線を敷くことを始め、先の構想に基づき新橋駅 - 横浜駅(後に桜木町駅に改称)間の鉄道に着手、合わせて明治3年(1870年)10月19日に新設された工部省に所属を移し、山尾と共に工部権大丞となり、翌明治4年(1871年)7月23日に工部大丞に昇進、8月15日に鉱山寮鉱山頭と鉄道寮鉄道頭も兼任(後に鉄道頭を専任)、鉄道事業との関わりを本格化させていくことになる。

明治3年3月17日の測量から始まった新橋 - 横浜間(29km)敷設は鉄道頭では無かったため直接関与はほとんどなかったが、鉄道建設を反対する一般国民や政治家達(黒田清隆など)の説得に当たり、海上に線路を敷くために手掛けた築堤工事に参加、明治4年9月23日に建設途中で死去したモレルの後を継ぎ工事を継続させるなど間接的に工事を推進、明治5年(1872年)9月12日に全線開通させ日本の鉄道開業に尽くした。また、明治3年7月30日に開始された神戸駅 - 大阪駅間(32.7km)に続く明治4年6月15日の大阪駅 - 京都駅(43.4km)の測量に加わり、お雇い外国人が見積もった金額より安い算出で工事変更を工部省に願い出て許可され、鉄道知識と手腕は外国人にも引けを取らない物になった。

だが、工部少輔となり上司になっていた山尾と対立、明治6年(1873年)7月22日に辞任した。関東の鉄道事業が一段落付き、次の仕事に大阪へ出張させて現場指揮を執らせ、鉄道寮も大阪へ移転してくれるよう提案したが、山尾に却下されたことに怒ったこと、山尾の干渉に耐えられなかったのが理由だったといわれる。この問題は岩倉使節団に加わりヨーロッパを外遊していた伊藤が勝の辞任をしたためた手紙を受け取り、帰国し工部卿として山尾の上司になった伊藤の説得で勝が明治7年(1874年)1月に鉄道頭に復帰、2月に鉄道寮移転も認められたことで解決した。以後しばらく関西方面の鉄道敷設に集中していくことになる[3]。

明治7年5月11日に神戸 - 大阪間がお雇い外国人の手で開通、明治10年(1877年)2月5日に大阪 - 京都間も開通。ひとまず関西方面も開拓されたが、この間に士族反乱が相次ぎ(佐賀の乱、萩の乱、西南戦争など)政府は財政難と治安悪化に直面した。勝は事態打開のため明治9年(1876年)に伊藤に更なる鉄道網の延長を迫り、計画は京都から大津へ東の延伸が決定されたが、西南戦争で工事どころではなくなり明治10年中に敷設は行われなかった。代わりに日本人の鉄道技術者育成は認められ、明治10年1月に鉄道寮が鉄道局に改称し勝が鉄道局長に就任、5月に大阪駅構内で工技生養成所を設立し飯田俊徳とトーマス・シャービントンの2人と協力して技師を養成、長谷川謹介・国沢能長らを輩出した。やがて工部省が創設した工部大学校からも技術者が養成されると、目標を達成したとして明治15年(1882年)に閉鎖したが、明治10年からお雇い外国人を順次解雇して養成所卒業生と入れ替え、彼らと力を合わせ鉄道工事に傾注していく。

明治11年(1878年)4月に政府の国債発行で資金調達の当てが出来ると8月21日に京都 - 大津駅間(後に浜大津駅に改称、18.2km)の工事に取り掛かり、逢坂山トンネルを着工。作業は全体を4区に振り分け、飯田俊徳を総監督に長谷川・国沢・武者満歌・千島九一・佐武正章・三村周・南清ら養成所の第1回入学生に実習を兼ねた工事作業をやらせ、自らも草鞋・脚絆を履いて現場を指揮、鶴嘴を振るい開拓した。外国人を排除しての作業は逢坂山を掘り進める区間が難航、明治12年(1879年)8月20日に落盤事故が発生して4人が死亡することもあったが、明治13年(1880年)7月15日に完成、日本人のみの手によって施工された初のトンネルとなる。

更なる延伸も検討されたが、京都 - 東京間のルートが決まっていない財政難の状況で、琵琶湖南岸の大津から直接東へ進出するのは無理があったため、大津からの工事は中断、代案として京都 - 大津間は途中の馬場駅(現在の膳所駅)でスイッチバックして大津駅へ到着、琵琶湖を鉄道連絡船の太湖汽船で渡り湖東の長浜駅まで航行する手段が採用され、明治15年5月から藤田伝三郎の企画で太湖汽船会社が創業、連絡船巡航が始められた。これに先立ち、明治12年に琵琶湖から敦賀港に接続する路線測量を実行、明治13年4月に着工され4年後の明治17年(1884年)4月16日に長浜駅 - 金ヶ崎駅(現在の敦賀港駅)間が開通した。工事は京都 - 大津間の時と同じく飯田が総監督を請け負い、長谷川ら養成所出身の技師が工事を手掛けて着工、逢坂山トンネル以上に距離が長い柳ヶ瀬トンネルを開いたことは確実に日本人技師が自立していることを示していた[4]。


DSC_0077-2.jpg
DSC_0078-2.jpg
DSC_0078-3.jpg
DSC_0079-2.jpg
DSC_0080-2.jpg
DSC_0080-3.jpg
DSC_0083-2_201907071558481e7.jpg
DSC_0083-3.jpg
DSC_0084-2.jpg

こんなに優れた人物を知らなかったとは、情けない!

今後、東京駅前へ行った時には、鄭重にご挨拶を!

(つづく)
[2019/07/09 07:13] | 発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その2)
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その2)

さて、さて、この銅像は、一体誰?

DSC_0073-3_20190707155825738.jpg

裏面には、こんな風に刻まれているのだが・・

DSC_0074-2.jpg
DSC_0074-1-2_20190707155827987.jpg
DSC_0074-1-3.jpg

上から順に、「建立」、「再建」、「移設」、「移設」と読み取れる・・・。

これまでの画像では、未だ誰だか解からない!

DSC_0075-2.jpg
DSC_0075-3.jpg

まだ、まだ、解からない!

DSC_0076-2.jpg
DSC_0076-3.jpg
DSC_0077-2.jpg

やっと、やっと、

「正二位勲一等子爵井上勝君像」

ということが判明した!

さて、さて、この人物とは?

(つづく)
[2019/07/08 08:00] | 発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その1)
東京駅前のこんなところに銅像が!誰?(その1)


最近、或るTV局が放映している「こんなところに日本人」<世界の村で発見!こんなところに日本人|朝日放送テレビ>という番組が今好評を博している・・。

このタイトルの一部は、それを真似た訳ではないが、全く認識していなかった‘もの’に突然気付いて「あっ!」と驚くことが多い!

今年(2019年)7月5日の正午近く、その偶然に出会った!

その日、打ち合わせの時刻が決まらないまま、JR東京駅前の新丸の内ビルの1階ロビーで連絡が来るのを待っていた。
偶然目の前を通り過ぎるこのところ有名になった「観光バス」を暇に任せてスマホでパシャリ!

と、そこに写っていた画像を見て少々驚いた・・・。

DSC_0070-2_20190707120256030.jpg

「おやっ?バスの上に誰かが???」

DSC_0070-3_20190707120258bee.jpg

拡大してみると・・

DSC_0070-4.jpg

バスが通り過ぎて、もう一度スマホで・・・

DSC_0071-2_20190707120302bda.jpg

勿論のことであるが、バスの上に誰かが乗っていた訳ではなく、やはり東京駅前にある銅像であ~る!

「こんなところに銅像が・・・」

ビルから外に出て、近づいてみた・・・

DSC_0072-2_2019070712030352f.jpg
DSC_0072-3_20190707120304293.jpg
DSC_0073-2_20190707120305139.jpg
DSC_0073-3.jpg

時刻は丁度12時近く・・

ここに銅像があることも今まで気づかなかった。
何百回もこれまでここら辺りを通ったのに・・・。

一体誰の銅像?

(つづく)
[2019/07/07 12:22] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
まるで‘真珠の首飾り’!
まるで‘真珠の首飾り’!

DSC_0026-7.jpg

「これって、何に見えますか?」
「そうさねえ、やはり‘真珠の首飾り’ってこと?」

「実は・・・」

DSC_0026-2_20190704175749694.jpg
DSC_0026-3_20190704175751d81.jpg
DSC_0026-4.jpg
DSC_0026-5.jpg
DSC_0026-6.jpg
DSC_0026-8.jpg
DSC_0026-9.jpg

「梅雨の合間の出来事]でした!

(つづく)
[2019/07/05 07:30] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
 濃霧注意報!
 濃霧注意報!

今年(2019年)のこのところの異常気象は、例年にない程のものらしい!

九州の大雨の状態には気象庁もどう安全対策を示したら良いか迷っているようにも見えるほどである。

幸い関東地方にはそれほどの被害はないようだということのようであるが、さて、今後どうなるのだろうか?

昨日(7月2日)は、我が家のある千葉県茂原市では、朝から濃霧注意報が出ていたし、打ち合わせで東京へも行ったが、東京駅付近でもお昼近くになってもまだ濃霧は消えていなかったようだ!

<2019年7月2日午前05:58頃 場所:千葉県茂原市千沢>
DSC_0016-2.jpg
DSC_0017-2.jpg
DSC_0024 (1)-2

<2019年7月2日午前11:10頃 場所:東京駅付近 新丸ビル7階からスマホで撮影>
DSC_0031-2_20190703173134b12.jpg
DSC_0031-3.jpg

皇居方面
DSC_0032-2.jpg
DSC_0033-2_2019070317314051c.jpg
DSC_0033-3_20190703173141a78.jpg

異常気象が続き過ぎると、異常気象とは呼べなくなる?

(つづく)
[2019/07/03 17:40] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マサキ(柾)の花!
マサキ(柾)の花!

私が乗り降りするJR外房線・本納駅のホームの生垣は、マサキの樹である。

丁度今頃(6月~7月)、この樹の花が真っ盛りである・・。

https://matsue-hana.com/hana/masaki.html期
マサキ(柾)
常緑低木
北海道南部〜沖縄の海岸近くの林内や林縁、暖地に多い。高さ2〜6mになる。樹皮は暗褐色。縦に浅い溝がある。本年枝は緑色で丸い。葉は対生。まれに互生する。葉身は長さ3〜8cm、幅2〜4cmの楕円形。ふちには浅い鋸歯がある。質は厚く、両面とも無毛。葉柄は長さ約1cm。葉腋から集散花序を出し、黄緑色または緑白色の花を7〜15個つける。花は直径約7mm。花弁、萼片、雄しべは4個。花盤が発達し、雄しべは花盤のふちにつく。果実はさく果。直径6〜8mmの球形で、11〜1月に紅色に熟し、4裂する。種子は橙赤色の仮種皮に包まれ、落ちずにぶら下がる。花期は6〜7月
 冬芽は、長卵形。芽鱗は6〜10個、十字対生状に並ぶ。(樹に咲く花)
学名は、Euonymus japonicus
ニシキギ科ニシキギ属
4605.jpg

実が熟れてくると

70690.jpg
70691.jpg


①DSC_0436-2
②DSC_0434-2
③DSC_0434-3
④DSC_0434-4
⑤DSC_0434-5
⑥DSC_0435-2
⑦DSC_0435-3
⑧DSC_0435-4
⑨DSC_0435-5

(つづく)
[2019/07/02 04:46] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ランタナ(その3)
ランタナ(その3)

ランタナという植物は、その正体が中々判りにくい。
「な~る程!」と思えないからである!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3
%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A

ランタナ(Lantana、学名:Lantana camara)はクマツヅラ科の常緑小低木。中南米が原産。観賞用に栽培される。和名はシチヘンゲ(七変化)。鮮やかな色の花をつけ、その色が次第に変化することに由来する。

分布
南アメリカ原産[1]。

世界中に帰化植物として定着している。日本では小笠原諸島、沖縄諸島に移入分布している[1]。

特徴
多数の小花からなる散形花序をつける。開花後、時間がたつと次第に花色が変わるため、同一花序でも外側と内側では花色が異なる(内側が新しい)。開花時期がアジサイと重なり葉の形も似ているが、アジサイとは全く別種で全体的に小さく花の色は派手である。

果実は黒い液果で有毒といわれるが、鳥が食べ種子を散布する(種子を噛み砕く可能性の強い哺乳類には有毒だが鳥類には無毒という液果をもつ植物は多い)。茎は断面が四角で細かいとげが密生する。葉は対生し表面がざらついている。暖地では戸外でもよく育ち高さ1.5mほどになる。

世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

ランタナ属は中南米や南欧原産の約150種の低木または多年草を含む。熱帯・亜熱帯では広く野生化し、オーストラリアや東南アジアではやっかいな雑草として問題になっている。ややツル状に横に這って茂みを作り、茎には細かい逆棘があるため扱いにくい。他方、花には多くのチョウが集まり、見応えがある。

ランタナ属でよく栽培されるものとしては、ランタナの他に、小型で地面を這い赤、紫などの花をつけるコバノランタナ(Lantana montevidensis)、あるいはこれらの雑種がある。


DSCN0517-2.jpg
DSCN0518-2.jpg
DSCN0518-3.jpg
DSCN0528-2.jpg
DSCN0528-3.jpg
DSCN0528-4.jpg
DSCN0528-5.jpg
DSCN0530-2_20190629141747739.jpg
DSCN0530-3_201906291417492e2.jpg
DSCN0530-4.jpg
DSCN0530-5.jpg
DSCN0532-2.jpg
DSCN0532-3.jpg
DSCN0532-4.jpg
DSCN0532-5.jpg

葉っぱだって、活き活きとしている!

DSCN0532-6.jpg

何時まで咲き続けるのだろうか?

(つづく)
[2019/07/01 05:03] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ランタナ(その2)
ランタナ(その2)

ランタナを見た瞬間、「造花」かな?
と思ったくらい・・。

どうも「自然」ではなく、「人工的な」な臭いがした!
その理由は、これまでに自然の花では見たことがなかった構造だったからである。

「おしべとめしべ」はどれ?

DSCN0512-2.jpg
DSCN0513-2_201906291319376c0.jpg
DSCN0513-3_201906291319380cf.jpg
DSCN0513-4_2019062913194060a.jpg
DSCN0514-2.jpg
DSCN0514-3.jpg
DSCN0514-4.jpg
DSCN0514-5.jpg
DSCN0515-2.jpg
DSCN0516-2.jpg
DSCN0516-3.jpg

何とも不思議な「人工的」構造、どうなっているのだろうか?

(つづく)
[2019/06/30 10:38] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ランタナ(その1)
ランタナ(その1)

ランタナという花を初めて見た!(と、思う)

中々複雑な花で、これがまた何故か、色が、沢山ある。
「まあ、色々あらあな!」ってことでしょうか?

DSCN0507-2.jpg
DSCN0508-2_20190629131925124.jpg
DSCN0509-2.jpg
DSCN0510-2.jpg
DSCN0510-3.jpg
DSCN0510-4.jpg
DSCN0510-5.jpg
DSCN0510-6.jpg

 何と今までの花とは、一風変わった仕組みのように思えるのだが・・・。

この「蝶ネクタイ」みたいなもの、何?

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-256
ランタナの基本情報
学名:Lantana
その他の名前:シチヘンゲ(ランタナ・カマラ)

科名 / 属名:クマツヅラ科 / シチヘンゲ属(ランタナ属)

特徴
世界の熱帯地域で広く野生化している低木のランタナ・カマラ(Lantana camara)と、やや花と葉が小さいほふく性のコバノランタナ(L.montevidensis)が主な原種で、それらをもとにさまざまな園芸品種がつくり出されました。生育形態によって系統を分けると、低木状になるもの、鉢向きのコンパクトなブッシュ状の樹形になるもの、ほふく性のものなどがあります。また、花がなくても楽しめる葉に斑が入った品種もあります。開花期間が長く、丈夫なので鉢物としてよく流通するほか、花壇などにも利用されます。寒さにも比較的耐えるので、関東地方南部では戸外でもよく冬越しします。

基本データ

園芸分類 熱帯植物

形態 低木 原産地 熱帯アメリカ、ブラジル、ウルグアイ

草丈/樹高 0.3~2m 開花期 5月~10月

花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,複色 栽培難易度(1~5)

耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い

特性・用途 常緑性,開花期が長い,初心者でも育てやすい


(つづく)
[2019/06/29 13:31] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
柿の実は、今!
柿の実は、今!

他のところのものの成長は速い!

例えば、ご近所の子供さんだって、一寸合わない間に「あれっ、もうこんなに大きくなったの?」と驚くことがある!

今朝(2019年6月22日)、お隣のお宅の柿の木を何気なく見たら、実がついていて一人前の格好をしているではないか!
でも、まだまだ小さいのであるが、確実に大きくなっていることが判る!

①📀_0417-2
②DSC_0417-3
③DSC_0417-4
④DSC_0414-2
⑤DSC_0414-3
⑥DSC_0421-2
⑦DSC_0421-3
⑧DSC_0421-4
9DSC_0421-5

実自身もそうだが、葉っぱが丈夫でなければ、実が大きく育たないことは言うまでもない!
見事!見事!

⑩DSC_0421-6
⑪DSC_0421-7

さて、さて、収穫はいつ頃だろうか?

⑫DSC_0420-2

(つづく)
[2019/06/22 10:23] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ウキツリボク
ウキツリボク

こんな名前の植物・花がある・・・。

知っている人は皆知っているが、知らない人は知らない!

「エッ!?何それ?」
「・・・・」

別名「チロリアンランプ」というらしい!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%
E3%82%A6%E3%82%AD%E
3%83%84%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%82%AF

ウキツリボク(浮釣木、学名:Abutilon megapotamicum)は、アオイ科イチビ属[6](アブチロン属[5])の常緑低木。ブラジル原産[4]。吊り下げたランタンに見立てられる赤と黄色のコントラストが鮮やかな花を咲かせ、温室栽培や、鉢植え・地植えの庭木として観賞用に栽培される。園芸においてはチロリアンランプとも呼ばれる[7][8][9]。

形態
野生では樹高約1.5m[2][4]。ただし品種や環境により自立する低木からほぼ平伏するものまで様々である[3]。枝は細くて表皮は堅い。葉は長さ5~11cm、互生して托葉があり、ハート形~長披針形で尖端は鋭角に尖り、縁にはふぞろいな鋸歯を持つ[2][4][5]。花は葉腋から細長い花柄を伸ばし下垂する。花弁の一部にも見える鮮赤色の部分は実際には萼で、5稜のある筒状で端は5つに裂ける[2][4]。その萼の中から、5枚の鮮黄色の花弁がのぞき、萼とのコントラストが美しい[2]。花径は3cmほど[4]。さらに花弁の中心からは、赤紫色~濃菫色の雄蕊が突出する[4][5]。花は十分に温暖な環境ならば通年見られるが、やや気温の下がる地域(日本など)では春から秋にかけてとなる[7][10]。

分布
ブラジル原産で、現在は世界の熱帯・亜熱帯に広く分布。日当たりの良い場所か明るい日陰、水はけの良い土壌を好む[4][10]。

利用
観賞用に栽培される[11]。熱帯原産の植物なので温室栽培が基本であるが、比較的耐寒性もあり日本でも関東南部以西では露地植えが可能[7][10]。春から秋にかけての比較的長い期間、特徴的な花を楽しむことができる。低温域や、強い降霜・積雪のある地域では鉢植えに仕立て、冬季のみ屋内に取り込むとよい[10]。幹や枝は細く、大きく生長したものでは支柱が必要となる[12]。支柱を用いることで生垣などに仕立てることも可能である。

名称
和名ウキツリボク(浮釣木)は、細い花柄からぶら下がった花が宙に浮いているように見えることから[2]。園芸植物としてはチロリアンランプの呼称もある[7][8][9]。

英名は trailing abutilon(つる性のアブチロン)、原産地から Brazilian abutilon など[4][5]。赤と黄色の花を灯火に見立てた Chinese lantern の呼称もあるが、これはショウジョウカやアブチロン属の園芸品種群(Abutilon × hybridum、フイリアブチロン)の花も含んだ呼称のため注意を要する[3][10]。


<2019年06月17日07:03~04撮影>
DSCN0452-2.jpg
DSCN0452-3.jpg
DSCN0456-2.jpg
DSCN0456-3.jpg
DSCN0456-4.jpg
DSCN0456-5.jpg
DSCN0456-6.jpg
DSCN0457-2.jpg
DSCN0457-3.jpg
DSCN0457-4.jpg
DSCN0457-5.jpg
DSCN0457-6.jpg
DSCN0457-7.jpg
DSCN0457-8.jpg
DSCN0457-9.jpg

<2014年11月08日撮影>
20141117112535425_2019061811450942d.jpg

(つづく)
[2019/06/19 19:28] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蜘蛛の気味悪さ!
蜘蛛の気味悪さ!

蜘蛛は、家の中の至る所にいる!

種類も沢山いるのだろうが、出会った蜘蛛はいずれも気味が悪い!

Screenshot_20190617-190310.png
出典:http://spider-lobo.com/archives/515

昨日(2019年6月17日)の朝、我が家の玄関先に数週間前から巣を張っているのは、「コガネグモ」である・・・。

「コガネグモ」に似た蜘蛛は以下の通り!

kmo.jpg
出典:https://namamono-moratorium.com/kumo-mawakekata-1857

下の画面のほど中央に、その蜘蛛が・・・。

DSCN0383-2.jpg
DSCN0383-3.jpg

望遠に切り替えて撮影してみると・・・

DSCN0403-2_20190617222808e92.jpg
DSCN0403-3_201906172228108fb.jpg
DSCN0403-4.jpg
DSCN0403-5.jpg
DSCN0403-6.jpg
DSCN0403-7.jpg
DSCN0403-8.jpg
DSCN0403-9.jpg
DSCN0403-10.jpg
DSCN0403-11.jpg
DSCN0403-12.jpg

最後に「歳をとって疲れ切った白熊の顔」みたいな画像で・・・

DSCN0403-13.jpg

(つづく)
[2019/06/18 06:28] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その5)<最終回>
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の生態(その5)<最終回>

この「ナミアゲハ」は、このシリーズの最初にも書かせて貰ったが、何という大胆さかは知らないが、カメラを構えている私の目の前、約50cmのところで自分の体全体が私に見えるように数秒間に一度飛び立っては止まりを繰り返してくれたのであ~る!

この蝶が鈍感なのか?、
私に‘殺気’がなかったのか?

お陰でこの蝶の「生態」の一部を垣間見ることが出来た!

「本当に‘生態’って言葉が当たってるの?」
「まあ、ネ!」

DSCN0216-2.jpg
DSCN0216-3.jpg
DSCN0216-4.jpg
DSCN0216-5.jpg
DSCN0216-6.jpg

もう一度、頭の部分を!

DSCN0216-7.jpg

これまでの全体が解かる画像を、ど~ぞ!

DSCN0211-3.jpg
DSCN0212-3.jpg
DSCN0213-3.jpg
DSCN0214-3.jpg
DSCN0216-3.jpg

次は‘蜘蛛’かも?

(つづく)
[2019/06/17 12:18] | 感激! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
designated by FC2